277: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:03:19 ID:8z7dZfK.0
やる夫はATFの潜入捜査官のようです  “第五話:レッド・ドック”


   / ̄ ̄ ̄ ̄\
  // ̄\″/ ̄| \
. |  、_(○)_ _(○)_,  |
. |    (__人__)    .|   じゃあラフリンでモンゴルズのメンバーがヤクをやっていたんだな?
  |   /( [三] )ヽ   |   それがわかっただけでも上出来だ、上には話しておいてやる。
.  |             .|   だが、成果が上がらなくなったら捜査は即座に打ち切るからな。
.  ヽ    .(◎)    /    まったく、お前ら現場の人間は予算ばかり要求するくせに(略
   ヽ    100   /
    |        |
     |        |


             / ̄ ̄\
           /       \
           |           |   ありがとうございます。
               |         |   ジョンには私から伝えておきます。
              |          |
             |           }
            ヽ       ノ
             ヽ    ノ
           /      \
           |         |
           |  |.      | |

ラフリンでの捜査結果を報告した後、捜査は打ち切りにならずに済んだ。
もちろん、打ち切りの脅威は去ったわけではなかったが、当面は続行されることになった。

278: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:03:50 ID:8z7dZfK.0
                                    ____
                                  /     \
                                 /  ─     \
                                  ' (●)        \
                                (l、__)          |  (いよいよ敵地へ潜入だ)
                                  ⌒´         /
                    ,r――-―――――― '''''⌒  <
          __     nf=!、!、◎Jー――――7      /
         f`ヾ ..::ヾ ,┳ 三   ,へ _       /      /
         l l | ;;;;;;| __  三>γ  ̄;;;;;;ア,,,γ ⌒ 、     l
         ! !ノ;;;;;;::f⌒l l工K( ,,,,,,,,,,,;;;;;;;K/    ,  `ヽ  ,'
         ー  ♂`-"-l' ヽ ゝ=== /   入    / ,,r-
       __   [l/互/   K三W三 /   /r 二二二に  ノ
    l""";;;;;;;;;;;;; ̄:::''' //    ll≡lll≡ll f=-、 ノK r gg二二二k
    ヾ--――  ,-五  >ヾ r||f⌒ゝ  f「メyf  |l f< / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ll
    ,γ;;;r     i/ /ィl 7;;;:::ゝ 入=γ⌒"" _彳=っ ,,k_____ア=
   f;;;;;lf    石ム" l l;;;;;::::::ヾ !!  Iェェェィ'''斤ri^ik    ,       ヾ;;;;;''ヾ
   i,,;;;;;l    `、_ノ  ,γ;;;;"!-"ΓL _/_/_/  l| | llK_,   rf(◎)  i;;;;;;'''l
   ゝ;;;;;ヾ       ,γ;;;;''/  ヽ____7 〔缶}二二二二二にム,   ||;;;;;;"l
    ';,;;;;;;;;,,, _ ,,,:',';;;;;;;"                 ゝ;;;;;ヾ       ,γ;;;;''/
     ゛'''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''"                   ';,;;;;;;;;,,, _ ,,,:',';;;;;;;"
                                   ゛'''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''"

バイクが一年を通して移動手段になっているロサンゼルスに春が訪れたある肌寒い夜のこと。
私は捜査の目標を次の段階へ進めることにして、イースト・ロサンゼルスのモンゴルズの拠点へ初めて乗り込んだ。

279: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:04:43 ID:8z7dZfK.0
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;|l _,;jj  :;, ,. .
ー ┬-、ヾ::_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ ,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_||l _,;j{             ,.  ´ ̄` ヽ::. .  :;、  .
\|/\ヾ:, _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;jj    .:    :; .. / / ̄| ̄\ \
 ̄| ̄ ̄| |,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;;||l_,;j[           / /ミ≧(())≦ミヽ ヽ、
_|__|_|_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;jト、        .[二]ニニニニニニ[二]゙  ;;:'
  |    | |,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;;||l _,;j|  :     .  i|≠| | | | | || | | | | i|≠|
─|──|_|_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;j|:.         i|  |_|_|_|_|_||_|_|_|_|_i|  |::.    :
_|__| |,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;;||l _,;j} : ,;;  .;   i|  | | | | | || | | | | i|  |
コニコニコj_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;jl           .i|  |_|_|_|_|(||)|_|_|_|_i|  |   ;: . .
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;_;;;||l_,;j|`      .:;;'  i|  | | | | | || | | | | i|  |:.
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l__,ir、____,,,,__,,i|  |_|_|_|_|_||_|_|_|_|_i|  |_,,____,,,,
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;_;;;|ll_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_,.i|  |_|_|_|_|_||_|_|_|_|_i|  | _,;j_ _,;j_ _,;j_
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l_,;j_ _,;j、_,;j_ _,;j_ _,;「 ̄|ニニニニニニ「 ̄|j_ _,;j_ _,;j_ _,;

<トニーの大衆酒場>と呼ばれるこの店は、ダウンタウンから外れたマイノリティ居住地に古くからある悪名高いバイカー・バーだ。
イースト・ロサンゼルスはヒスパニック社会で、ガラス窓が光る高層ビル群の陰に隠れている。
コリアンダーやハバネロ、チリペッパーのなどの香辛料の匂いが風に混じって漂い、同時にマリアッチ音楽やラップ、ロックが
風に乗って聞こえてくる。

280: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:05:17 ID:8z7dZfK.0

  |  :|
  |  :|__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ _ __,.,_ _ _
  |  :|
  |  :|              __________
  |  :|             /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |  :|           //  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |  :|          ∠/     \________ \
  |  :|           |  ___ ..|    | ̄| ̄||≡|   |_
  |  :|           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___
  |_..:|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  | ̄ ||         ∠/     \______________\
  |≡ ||  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,       |___i ..| | ̄| ̄|||≡|    ,;:'""':;,"':;,
  |≡ || i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,       |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|   i':::::::::::::'i:,:::i,
  |≡ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i   |┐┐|||| :::| L..| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |≡ ||::::::::              i   |┐┐|||| :::|___| | ─┐                 |
  |≡ ||::::::::              i   ├────┐..| |.   ̄               |
  | ̄:::|::::::::              i   ├─────..| |                |
,、,.|,.、.,,.|、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.|、,.,,.、.,.,,.、.,.,,..、,、| |、.,.,,.、.,,.、.,、.,,.、.,、.,,.、.,、.、.,,.、.,、.,|、.,.,,.、


       |   |;;:. ' : .|                    |
       |   |;;::...   |                    | ‐'―||ーl
       |   |___|___________|―――――,
       |      "゛゛"''''''::::::;;;;;;::;;|_   []  []  []  [] [lコ
       |               |;;;;;:.\___         |
       |  ;;:"'  black;;゙     / ̄ ̄ ̄ ̄|]  .[]  [] [lコ
       |          (::;´‐):/         |        |
       |          (メ::;/   bitch! ;;゙ |]  .[]  [] [lコ
       |   ;;:      ノ/    ;;:",.っ  ーく  ・ー    ..l_,,_
       |      ┌─ /          ;;;´,,|/l  ー・ ̄;:;"´
       |    ┌┴ /              ..;:|;;。)ゝ::
     ┌┤  ┌┴─|            ...::;:;;;:|;;"ー、.,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;:"^ ̄ ̄
    ;;:゙   ノゞーゝ    ";:::,.、 。    "''    ´゙

ゲート付きの庭に花壇のある手入れの良い一戸建ての住宅と、貧困層が借りているアパートがまじりあって建っているところでもある。
ここは正直で勤勉な年配世代と、ドラッグ漬けで犯罪も厭わない若い世代、つまり神をも畏れぬギャングたちと隣り合わせで暮らしている。
そして、モンゴルズが根城にしていたのが、このイースト・ロサンゼルスだった。

281: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:06:06 ID:8z7dZfK.0

_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;|l _,;jj  :;, ,. .
ー ┬-、ヾ::_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ ,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_||l _,;j{             ,.  ´ ̄` ヽ::. .  :;、  .
\|/\ヾ:, _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;jj    .:    :; .. / / ̄| ̄\ \
 ̄| ̄ ̄| |,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;;||l_,;j[           / /ミ≧(())≦ミヽ ヽ、
_|__|_|_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;jト、        .[二]ニニニニニニ[二]゙  ;;:'
  |    | |,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;;||l _,;j|  :     .  i|≠| | | | | || | | | | i|≠|
─|──|_|_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;j|:.         i|  |_|_|_|_|_||_|_|_|_|_i|  |::.    :
_|__| |,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;;||l _,;j} : ,;;  .;   i|  | | | | | || | | | | i|  |
コニコニコj_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;jl           .i|  |_|_|_|_|(||)|_|_|_|_i|  |   ;: . .
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;_;;;||l_,;j|`      .:;;'  i|  | | | | | || | | | | i|  |:.
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l__,ir、____,,,,__,,i|  |_|_|_|_|_||_|_|_|_|_i|  |_,,____,,,,
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;_;;;|ll_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_,.i|  |_|_|_|_|_||_|_|_|_|_i|  | _,;j_ _,;j_ _,;j_
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l_,;j_ _,;j、_,;j_ _,;j_ _,;「 ̄|ニニニニニニ「 ̄|j_ _,;j_ _,;j_ _,;
        q                         q                         q
        7     p        _          7     p        _         7     p        _
        c c_ノ ̄        〔_〕         c c_ノ ̄        〔_〕         c c_ノ ̄        〔_〕
      o 〇/  ̄`ヽ   _ ,―-´、/        o 〇/  ̄`ヽ   _ ,―-´、/        o 〇/  ̄`ヽ   _ ,―-´、/
      / 「/o 、_ ヽ|⌒`  ̄丿 ̄ヽっ       / 「/o 、_ ヽ|⌒`  ̄丿 ̄ヽっ       / 「/o 、_ ヽ|⌒`  ̄丿 ̄ヽっ
      / ̄// ミ||〉ooo〉〉っ ̄/\|二 ̄V       / ̄// ミ||〉ooo〉〉っ ̄/\|二 ̄V       / ̄// ミ||〉ooo〉〉っ ̄/\|二 ̄V
   く⌒ `// ヽ ミ||/θθ_ /y Vξヽ ヽ    く⌒ `// ヽ ミ||/θθ_ /y Vξヽ ヽ    く⌒ `// ヽ ミ||/θθ_ /y Vξヽ ヽ
 / / // 、」 ミ||))__))二二二二二二l  / / // 、」 ミ||))__))二二二二二二l / / // 、」 ミ||))__))二二二二二二l
 |  |(//)| |         \ \//   |  |(//)| |         \ \//   |  |(//)| |         \ \//
 \ \//            ̄ ̄     \ \//            ̄ ̄     \ \//            ̄ ̄

ロングビーチ・フリーウェイからヴァレー大通りに入って、私はハーレーのスロットルをさらに上げた。
すると、大量のバイクが目に飛び込んできた。
何とも壮観な眺めであった。
モンゴルズのステッカーをつけた100台近いバイクが、<トニーの大衆酒場>の前の縁石に並んで停まっていたのだ。

282: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:07:29 ID:8z7dZfK.0

                      ____
                    /      \
                   /  ノ  ヽ、_u \
                 /   ( ●) (● ). \   (くそ、とめれる場所が全く見つからない…)
                 |      (__人__)     |
                 \     ` ⌒´   ,/
                  / ̄                ̄ヽ、
   ,,--、.       ./                       l
 ,‐"   ゙ヽ     ./  ./ヽ          /ヽ    l
 |    ヽ,, ゙、    /  ./  i,,-ニニ、 ,‐ニニl、! |   l
 |    ゙'''‐=ヽ、/  ./  /.|'''"   | |'"   '|゙、.゙、   |
  ヽ、,,__,,,,-'". ゙''/=.、/  l/=.| ,,-''-‐ニニヽ、ヽ |ノヾ,  |
        ,-'''',,ニヽ、,,,,,|、/ゝ/" ̄ ̄ヽ、\/ヽ,/|ニ二''ヽ、
       /‐''",,  /ll",,,,l,|]"//l、川 | | ll ヾ,|,[|'''ヽ ̄"'ヽ、|
      / ,, l l、 ,,‐'',,,=ノ、"| |l l l| ''" ll ll| |"ヽ[‐-、 | / ヽ
      |、ヽ ヽ'''"-''"ヽll  ゙'|、l、 l l----、/ //|、,,,‐、゙ヽ,,ヽ" ノ ノ、
     ヽ-/-'"'""'," |||  |,,ヽ\"| l,,,l /ノ,」  |||゙゙', ゙ヽ、、'-'
     =,"'"    /  |ノ  | ||゙''ヽニニ‐''"l| |  ヽ|  ゙,   ヽ、l
           |   |__  ,l--─,='''''''=──、 ,,,l,,,  |
           |  (" ,)[|   (( 3 5 ))   |](,  ,) |
           ゙、  ゙"、 ヽ三三───‐三三  /''"  |
            ヽ   ヽ ,ニニヽ     ニニ、/   /

その角を曲がると、腹に激痛が走ったような気分になった。
1971年にヴェトナムのある渓谷で感じた腹痛と似ていた。
私は再び戦場へ赴こうとしているのだ。
だが、今回はヴェトナムの不快極まるジャングルではなく、都会という木々の代わりに建物が所せましと並ぶジャングルへ。
そこには私を援護してくれる中隊も、背中を預けられる戦友たちもいない。
目標に近づくにつれ、私はハーレーのスピードを落とした。
徐々に恐ろしい死神の集まりに見えた暗い人影が視界に入ってくる。
バイクをとめられる場所がなかなか見つからず、幾人ものヒスパニックバイカーたちの前を通り過ぎる羽目になった。

283: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:08:54 ID:8z7dZfK.0
                               ,、.
                               ,l |
                               ,! L.-ヾ
                            _,.-'´  _, - '_
                            |_,.- '´| L-'´_|
                    / ̄ ̄\    ,.-'´  ,.-'"
(落ち着け、落ち着くんだ)  /      u \  |,.- '´| |    />
            .      /_ ノ  .ヽ、_ .   \   |,i   / r´  __
                |(ー)  ( ●)     |      く/Ll  //
            .     \(__人__)     /           レ'!_l    __
       斤!            '      ヽ                //
        Yl    _  , -‐ '"        ハ               レ'!_l
         !ハ ァf’     _,  <       ハ
        /二ニ>-く ̄ __ __,)       ヽ_  -‐ ニ二ニ≡ニニ>:、
        /ハ __/>〉'´ >‐─ '     > '"     __ -ァァ斤ァ⇒くハ
      ∧二フに)く   〃        /  ,ィfくr< ̄     ノ二ニハ-' 几人
      !く←‐‐ '  l  {l      __/ <ハハハl  _ , r<二三三三弐フー'
      マ  , -―く〉__ハ     广フ――ォヘママlr ' lマニニニニフ人  ヽー―ァ
     ィ7‐く弐弍ミヽマ:ハ     マフラ「彳彡クNl!:::::人,jニ斗 '"¨   \  マ厂
   /l:∨ ハ___ 彳ノ人ゝヘ    マシ:/ィ(r '777!> ' " ̄  ̄ `
  / /7:/f'7 (`マニ'彡'T77_(ハ   l,ヘ\」l{:く//  ィニニ>   \
  ハ/ ハi]ハ人 ヽ_}TT!く人__l,ノ マー' /7广T7  /        ヽ  ヽ
 :! l 込フ   >  二二ー―( _  ィ^ヽ://∧ lハ /    ニニ、  ハ
  _   /  >―-く二二フクlア7ァk!:{ ∨  ハ   〃   ハ   l{    l
  マ ー '"  /    ` ̄ ̄`ー┴┴'^ー┤  l|   {l  o ) !   l {
  ` ‐- '"                  !  !ハ   マ   :ノ   :!ノ   l
                            マヽ         :/
                            ヽ   __   :/   /
                          \      ̄
                                 _

ようやくバイクをとめられるアスファルトに空きを見つけた時には、全身がこちこちに緊張していた。
神経が高ぶって落ち着かない気分だった。
街灯がわざと薄暗くしてあるかのようにも思え、暗がりがすべてを包み込んでいた。
かなり遠くからラテン音楽が聞こえており、バイクをバックで縁石に寄せている間、ストレートパイプが機械の野獣のような
ハーレー独特の排気音を立てていた。

284: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:10:39 ID:8z7dZfK.0

       ____
     /     \
   /  ::::::::::::::  \   (ビリー、お前は何でここにいるんだ、逃げ出すなら今しかないぞ……)
  /   ::::::::::::::::::   ヽ
  |   :::::::::::::::::::::::::   |
  \            /

そのわずかな間、私は自分が何に関ろうとしているのか自問し、逃げ出すならまだ遅くないと言い聞かせた。
永久とも思えるほどにシートにまたがっていたが、ついに深く深呼吸してエンジンを切り、潜入捜査官のマントラを唱えた。

285: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:11:28 ID:8z7dZfK.0

          ___
         /     \
       /   \ , , /\   (気合を入れろ、ビリー。ゲームの時間だ、全て片付いたら、手錠をかけられた連中の姿を見てやれ!)
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \

私はヘルメットを脱いで、ハンドルバーのミラーにかぶせると、ジョン・ウェインの映画に出てくるブラックハットのガンマンみたいに口を覆っていた
バンダナを引き下ろし、両足の神経がちゃんと働くよう願いながら、バイクを降りた。

286: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:13:55 ID:8z7dZfK.0

ll|:::   ::chb::   :;リ ;i'      'l,:::::  :::(;=⌒=,)"'  :::|3   彡((レハ//l//ノ"  'jiリl;,   _,.-::,,-ー-:,,,,
"';:::  ,r''''''''ヽ,  :;l'"ゝ ,..:-ー''''''ー-;., ,,,,,,,," ",,,,,,,,,_;; ノ::l'    リ彡'""''-:;  .;:==''#'"ノ》:; /'"//ヘヘ 》,, "':;..,
,,,::-;,_    '''''   .ノ、 /"::::;;;;=====;;;;#;:,  ..,,,,,..   "::/ノヽ_ i巛:: "="'::  : '"="'"/ノ'///ル》ヽ\  \ \ヽ
;((''""ヽ::,::::::::::-''"/"/::ノミ ,,,:::::-,:: ., "';; ミ :::::::::::::::,.;;;;;;;//  /'ヽq:::  :::::: ,.; "'- ::;3//《ハソ/|ハヽ\》ゝ 丶\ゝ
:; ;; ; ,;;,,;ゝ., ̄'''"-'''l'彡ミ  '_,_,;=;,._  ';. ミ:..,,,,,....::-''"o _ _'"_''"l::::  ::く:::. >  ::ミ;;'リ// レ/ u \ヽiiハlヽヽハ ; ,ル;
 ; ,/ /ハ,,ヽヽ,/'::::'" d::ミ;:⊂・.::: :ヽ:・⊃;::b"'" ,, ,.;;;'llll|||||||||lll||llii;;;;.,,:::''"二"'; ;;/l i'リハ/-ーー::,,ヽミリll 》 y iハヽ
(rハf/人ミ )S ;:::  い::    ::::  :.,   : :ソ  ,.;;illlllllllll::il//ハllヾilll,,ゞi::, ::::::::  ノ/ヽリl リ::"=・=::: i jハレ'l //i ソl
'"''"''  ;'ノノ;, )   し:::   "'--''    ;f'  ,;iilllllll:ル/llll;/ヽiiiiハllllllliiilll;:, :::'ニ二//ハゝ;::   ::::: .、 ' jハレ/ヽヘ;
. "'ー--;,, ミ))ソ    ,i'l:::::: ,,;------->)'/|;,, /;;lllll'"レ/;',#"u "''ii'#ミl巛llllli;: ,,;-ー'"  /lレl:::::  "'--'   ' '"レハi
./: :".b" ..彡ソ) 彡:\ヽ:::::::    :::'',,/;ミ/"illll/;iii';==;;,,,,,,; i;,__|,,_"llfヾiハii    ’ ' "'ヽ:::::: -――- ":/_  __,
  "'''-''"ミ》;ノ、 ::::::::::::ヽ;;,,,___,,,,,,,,,...:://゚ ,;llll/;i:'',,.....,,"''":::: "'''""''''ヾ》llli:;  ノ('''--::##ヾ:::::::''''''''::::::'''ノ//'''"  )::
 、    :"""::  "";;;'''"  '''--:.,  o   i;;;;;/::''.,::b::"ヾ::" r'',':B:'"'jハllll) 彡;;》ヽ::::,,,,,,:::::::::ヽ::"'    ,://ソ"・/ ::
:::-'   ::/ ::-ーーv'"         'i,   :::::::'リlミ:::::...  彡、''::.,;   '":/ill/ :::::""" "''-;;。:::::::::"'''''''''''''"-"oく"o  :::::
ニゝ, ::://'"                   l ::::::::::::::::ト'i:::::::  ::く:;__,.;::ゞ  :;'":l;:lj     :::::::: oヽ― ;--――--::..,,    ,:::::::
   :::,i':/                'l--/""7,.::ヽ::::::::,__....:::...._ , ::ノ;;、#ii;;ー-:.,,,_  0, ’/        ヽ  ::::::::
;;,::://人                  >/'=ニ::::::(:::ヽ:.''--――---'"/::/二:::::)l―-;; ヽ-:.,<            'l :::::::
. ::/;;;;;;;;/'i              / ヽ::::'l;;;;;;ヽ:::::'ヽ,''""""'''' /'/ / ゚ |::::/ .t;;;::|⊃ ) ヽ.|            /::::::::::::::::
./;;;;;;;;;/ ハ                 .ノ  .丶::::l;;;;;;;';\::::::"''---'''" //。  /::/  ,   ノ ,iヽ         /:::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;///::丶    '"'ヽ     '''" ,  ヽ:::l  ゚"''';;::-===-―''" ・  .く::<      ./  ノ \     /:::::::::::::::::::::



           ___
         / ::::::::::::: \
        / '`'‐ .,__,. -''`'\    (シコーニー、ちゃんと来てるか?)
       / f'て::)`::::r''て:カ \   チラッ
.      |    :::::(__人__):::::    |
       \   :::::::::::::::::::::  ,/
        / :::::::::::::ー‐::::::::::: \

暗くて見通せない向こうから、何十人ものモンゴルたちが私を見つめているのを感じた。
なるべく目立たないように、素早く私はシコーニーのポンティアックを探したが、何処にも見えなかった。
だが、どこかで私から目を離していないことは分かっていた。

287: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:15:40 ID:8z7dZfK.0

        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__) …………
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、

恐怖で心臓が高鳴り、その振動がTシャツに伝わっているに違いなかった。
私は全く一人で、しかも後戻りできない状況下だった。

288: 名無しのやる夫だお 2013/09/28(土) 22:16:58 ID:yYW7PeGk0
・・バンダナ・革ジャン・Tシャツとちゃんと変装しているんですね
(心の眼)

290: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:19:37 ID:8z7dZfK.0
>>288
そうです、ちゃんとバイカーな格好してるんです。

289: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:17:33 ID:8z7dZfK.0

圭圭7        ,佳圭圭圭圭圭> '"                   ,.。x≦圭圭圭圭>''"´               i
圭圭|       佳圭圭圭>''"                     ,.ィ升|圭|圭|>''"´        ,.。ュ:‐:‐:‐:ュ。.,_    |i
圭圭|        炸圭紗'"        _,,..           升l圭>''"          ,.ィ≦圭圭圭圭圭ム  ..||i
圭圭|        |圭ア      ,..。x≦圭紗"          イ圭少´        ,.ィ≦|才冬|圭l圭l圭l圭掛,  Ⅷ
圭圭|         |ア´  ,.。x≦圭圭圭:少"           .イ圭7         ,.x'圭ア    `゙ミ圭圭圭圭ム  Ⅶ,
圭圭|            ,.ィ升圭圭圭圭圭7.         ,.x'圭ア            イ紗'"           寸圭圭圭掛x、守㍉
圭圭l!       ィ佳圭圭圭圭圭圭7        イ紗'"        ,.x'紗'"             寸圭圭圭掛x 寸沁
圭圭ll        |圭圭圭圭圭圭圭7      ,.x'紗'"           '".    ,.。ュ:‐:ュ。..,_       寸圭圭|圭|心.Ⅶ沁
圭ニ从       |圭圭圭圭圭圭刃’      ,.x'紗'"         _,。x"       ,.x'ア ̄`¨“''守      守:圭圭圭抄 寸lム
圭圭ハ        |圭圭圭圭圭ま刃      '"          イll′     '"        ㍉、    `寸圭紗′_,ィ升lム
圭圭圭}      |圭圭圭圭l圭lヲ′          _,.。x"   ,:l紗'                      寸x   `㍉x。.,,_,.ィ升才"´ム
圭圭圭|       .Ⅷ圭圭圭圭タ          .イllア   ,イ紗゙                      ヽli、    `守圭才 ,.ィ佳lli,
守圭サム.     Ⅷ圭圭l圭タ       _,,..ィ升ア.   .イア           :‐:ュ。.,_              `㍉       _,,.ィ佳ll佳沁
  マ圭掛、       Ⅶ圭圭タ     ,,.ィ≦l圭l紗"   〈掛    '`¨“''㍉、.`“'气≧。.          `゙ニ三圭圭ア  炸致
心、 マ∨ム     Ⅵ圭ぐ      佳圭圭圭ム     寸L ,.。x"    寸x   寸会                  ,.佳致゙⊿
圭㍉  寸掛、      Ⅵll掛,    .,佳圭圭圭圭リ     Ⅷ抄"      Ⅷト、  寸掛。                   ,.佳紗゙,.イァ
圭圭l!  寸掛、     寸l圭l     ,佳圭圭圭圭′        マ.        Ⅵl}   寸掛x                ,.:佳ア´.イア
Ⅶ圭|!ト、   寸掛,     マ圭ム  佳圭圭圭圭〈                   炸    Ⅷ圭心            ,.イ紗'" ,.イllア
.∨圭ll,マム.  寸ム    寸圭ム Ⅷ圭圭圭圭仏                ,.ィ≦7       炸圭掛,       ,.x'紗'"  ,.:佳ア
  寸从Ⅷヘ   `守ト、    寸圭ム Ⅶ圭l圭l圭l圭lト、         ,.ィ≦圭l7       ,.佳圭圭|ム.      '"  _,,..ィ升ア
   マムⅥ爪   `守ミ、   寸圭ムⅥ圭圭圭l圭l圭l≧x。、_,,,.ィ≦圭l圭抄    ,.イ圭圭圭|圭|心、.  ,.ィ≦少寸紗"
    寸Ⅶ代x.   寸ミ、  寸圭沁ゞ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭′   〃圭l圭l圭圭圭圭紗升紗''",.ィ才
        Ⅷ圭心、   寸x、  守圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭7    ,.佳圭圭圭圭圭圭圭圭圭紗´   ._,,.ィ"

潜入捜査官にとって、恐怖はプラスになることもある。
恐怖をコントロールできれば、味方になるからだ。
警戒心を保ち、神経を研ぎ澄ます。
しかし、逆に恐怖に支配されてしまうと、最悪のマイナス要因になる。
私の任務ははっきりしているが、計画は漠然としていたから、これ以上マイナス要因を増やすことはできなかった。

291: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:21:20 ID:8z7dZfK.0
  /________________ヽ   /________________ヽ
  |      ヽ  Beghin   /         |   |      ヽ  Beghin   /         |
  |          \   Say /         .|   |          \   Say /         .|
  |         ー── ¨  __         |   |         ー── ¨  __         |
  |     ≧≦       ,ヘ ゚ )        .|   |     ≧≦       ,ヘ ゚ )        .|
  |     /∧ヽ<山>ニ=-( ! \      .|   |     /∧ヽ<山>ニ=-( ! \      .|
  |  >ヽ∨/         ヾ∧`      .|   |  >ヽ∨/         ヾ∧`      .|
  | >ヾヽ/¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ ─ 、 |   | >ヾヽ/¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ ─ 、 |
  | \    l     .|⊃            / .|   |  >ヽ∨/         ヾ∧`      .|
  |   \  |_  a | e r r c h e  /   .|   |   \  |_  a | e r r c h e  /   .|
  |     ` ー────────‐ ´     .|   |     ` ー────────‐ ´     .|
  |       フランス ナチュラル シュガー      |   |       フランス ナチュラル シュガー      |
  |      、___100 %____,    |   |      、___100 %____,    | 
  |     | ̄ヽ/  ̄∨ ̄/ ̄ ̄  |     ..|   |     | ̄ヽ/  ̄∨ ̄/ ̄ ̄  |     ..|
  |     |〉、 ,    X</ \ _|     |   |     |〉、 ,    X</ \ _|     |
  |     |  ¨ヽ ー´¨≦    /   |     |   |     |  ¨ヽ ー´¨≦    /   |     | 
  |     |ゝ    〉    〉   , ー─.|     |   |     |ゝ    〉    〉   , ー─.|     |
  |     |   Y  、 <ヘ/PURE..|     |   |     |   Y  、 <ヘ/PURE..|     |
  |     |   ノ </  _( 100%.|     |   |     |   ノ </  _( 100%.|     |
  |     |><  j V    >ニニニニ|     |   |     |><  j V    >ニニニニ|     |
  |     |ヽ   入 ´、 Σ三三三|    |   |     |ヽ   入 ´、 Σ三三三|    |
  |     `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´    .|   |     `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´    .|
  └────────────────┘   └────────────────┘

292: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:21:44 ID:8z7dZfK.0
                                     ,.イ
         .  ___¨Ε三三入_,rォ ,r============y∠ l:|
.fニニ}=========y┘ニニニニ〔_,二二二二冂l¨l¨l¨l¨l¨l¨l¨l¨l¨lHll亜|ニニニヒリニニニl〕二}
.ト、 ─ ‐ ‐ ‐ ‐:├ト======={二二}{二}!Нー┴:.┴:.┴:.┴ Hニニニニン
.|:√ ,フニニニ_:} ̄ ⌒i : ____L_,j   |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ハj_/レ'  ̄     √ ̄{(__}___,.イ
           /  厂 ̄  |l li li | 
           /  :/     |l li li l
           ̄ ̄      .|l li li l
                    ー‐一'


   .,,,,,,,_              __________
  .!^!  ゙'ニニニニニニニニニニニニニニニ7    ミ''へ
  .¨'!--n----------------vyyyyv----レ:(冫
   .¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨^ミ¨¨ア^¨¨^iミi¨《''''¬─-r,/′
            .\.|,_   .,|ノ .{!    .リ. 
             ゙^^゙゙^^^^^^^^リ.    .)}
                    .リ、    }l.
                     .リ.    .リ
                     {i     )l.
                      (ー-v---「}
                      冖¬'''''''^′


そもそも、当初の捜査目標はどちらかといえば控え目なものだった。
ロッキーやドミンゴ、それにサンフェルナンド・ヴァレーのモンゴルズのメンバーたちに張り付いて、メタンフェタミンやコカインを購入し
違法な銃火器をできるだけ多く、彼らから買い付けることだった。
いまさら言ってもしょうがない話であるが、正直にいえば、これ程長期の任務なるとわかっていたら、シコーニーの誘いでも断っただろう。

293: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:24:18 ID:8z7dZfK.0
          ヽ  γY`ヽ         __r.、 ____        -‐―- .._
          | 弋ノ  i        /.::::::|:::::\::::::::`ヽ /    -―‐-`ヽ
          /´´ ̄`ヽ |、      /.:// ̄\:: \:::::::: /   /    : : : .l
      __,ゝ'`tッー' ヾr'Y \      !::l::|    \:: \:(`ヽ/___ キ . -‐┴- .、
     \〈`´ヽ、___ノ!、ノヽ.  \  ,从:::| _, イjlヽ:::イ弋ソゝ(__)` /!::::::::::::::::::::::::.\
       〈' ̄7ヾ;;;;;;;;;;>ノ /i´     从  ̄ J,人ノノ|〈≠    (::ャ⌒Y´}::::::::::::::::::::`:.ー‐-- 、
       ゞニノヽ` ̄ // ´\     、  / ヽ. j::〈__,:-イ    \ゝイ´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
          l\\|  ∠-ァ  f:⌒ヽ.    \.'`ヽ. ノ!:::冫―― 、   Y´三二ニ=-‐==ニ:._::ノ
          l  \|  |/ヘ.  !   Y       /´ ̄ ̄冫      ∠三二ニ=-‐ 'ヘ三ニ.r‐ 、
          |    |   |   .|  |     |        l /´ ̄`〈__〈___..>'ーャーゞィャマ´   ヾ=イイ,} !
          |    |   |   .|  |    |      ,|.l   /:.. /〃 / ̄/ ヾー-、    У{' //\__
   ___」__|   |   .| /    |       /:|:l  ./   !:.キ.l|   ゝ-‐='TヽY   / |‐ ' '.:!:::::!:::\__/
  /       と二⌒ヽ ̄ ヽ    /      / |:| .:/   .:| .キ.lL::..__}――-、 '    / /.:/.:::::|::::::/
  |      /(`ー'   Y  |  /l.     /  ゙|./      | :.キ/.::::( `!⌒`ー '   / /::/.:::::/.:::/
  !ヽ'   ./  `t‐-_   ノ  ノ-‐' !   /   / l     人 _..L::::::::::`ーー‐――'''"..:/.:/.:::::/.:::/
  \   .:\   `ー '´` ̄´   _」 /   ./.:/ヽ:.    .:/ヽ |: ̄::::::::::`ー――‐ '´.::::/.:::/.::::′
    ヽ   ! l\              /   ./ ,′      /   !|::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::l|-" .:::::: |

店に向かっていくと、音楽がさらに大きく聞こえるようになり、暗い人影がはっきりと見えるようになった。
私は見えない力に引っ張られるように歩き、アウトローバイカーの勲章を示す様々なワッペンを付けた黒い革ベスト姿の
モンゴルたちの前を通り過ぎた。
左胸に縫い付けられた小さな“さし形”のワッペンは、所属する支部やクラブでの階級をあらわしていた。
“パープル・ハート”と呼ばれているワッペンは、ギャング同志の戦闘で銃で撃たれたりナイフで刺され負傷したことがあるという証だ。
“骸骨と骨”のワッペンは、クラブのために人を殺したことがあるということを意味している。
さらに、様々な色をした翼のワッペンは、クラブお墨付きのトロフィのようなもので、グループセックスに参加しただの、他のメンバーの前で
オーラル・セックスをしたことがあるというメンバーが付けていた。

294: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:25:36 ID:8z7dZfK.0

.    , -=::...      / l i l i l i l i li l i l i l i l i l i_,彡'⌒`丶
   ,:.:. `ヾ\, イli l i l i li il l ix≦== x 、li , イニニニニム
   ;:.:.:{     `,ゞii l il i li,luy'"´   ::.:.:   ヾ li l i l i l i l i l i'.,
  :.i!    《lililヾぃ'"´   ,,..::: : ::::::: : : : :::::,)ニニニニ二三ニ{
   :.:.{    ゝ'丶´    ..:::: : : : : : : : : :::::ノ-‐==ニ二´ ̄ヾヽ
   l.:.!     ,      ___,,ゞ :.:.:.:.: :::::::::::{!  _彡'⌒  ヾ :.: :ヽ
.   :.:{     { _,,..-‐''"´ ,..='  ,,,,,,,  : :: :ヾ      彡' ヾ、二ニ!
.     リ       } , -‐     ,, ;;;;;;;;;;;;;  : : : : `ヽ'´ヾ:.:ノ/..:ヾ ヾiト.{!
             l   }   ,x≦二,,_::::::.....=-  : : : : : : : :ゞ,;;;;{!;;ヾ }li li l
            }≡=、;l:./'´::/__'=彡' ,,,,ノ  : : : : : : : : ;; 〉;;;;乂}ノ l i lゞ、
            ゝ,,_ =j ::... ヾ¨´   ;:: :::::.. : : : : . . . .,li¨彡' ! i l i l{il       おっさん、プライベートなパーティだ。失せな!
             ヽv' ,:: :.::.:.`¨   ´:::::::.:.:.:.:.:.:.. : : : : : ゝ'´ ,彡'i l iミヽ
.              !∨ ,:.:.:ゝ、  ,:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: : : : : : : ヾ {i l i l i l i lヽ
               `{ ....._:_:: ::;;)  ヾ: : : : ::::::::::::: : : : : :  , ヾi l i l_i_l i;∧
                ゞ=' ≡;; ...   :.:.:.:.:.::::: : : : : : : : : :    ヾ!≡l i l/!
                、  _, _,,,,,,, .: : : =- :.:.:.:.:.:. : : : : :∥    ;;l!ニ∧
                {,ゞ`=='" .: : : : ::::::: :.:.:.:.:.: : : : /:.:.:.:  ;;;;i!ニ{i∧
                   、ヾ:≡'´  : : : : : :::::,イ:.:.:.:.: : : ,イ::::: : : : .,,,/ニヌニニ\
                 ヽ   ヾ: : : :::::::::/:.:.:.:.:.:.:.: : 癶:: ;;;;;;;;;;;,イニ/ニニニ≧x、
                   {  ...:.:.:.:.:::: / : : : ..,,;;;;;;,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;/ニ/二二二二二\
                      ゞ‐-≡-'"´`、:.:.:;;;;;;;;;;;;彡'  ;;;;;;;;;;;/ニ/ニニニニニニニ
                     `=ゞ  :::.:.:.:.:.:.:. : : :.:.:.:.:./ニ/二二二二ニニニ
                     , x≦ニ{ニ!ヾ : : : :.:.:. : : : .:.:/ニ/ニニニニニニニニ
                     ,x≦二二刈l!;;∧      : : /彡'ニニニニニx≦三三
                /ニニニニ!ニ{!;;;;∧  ;!: : :/ニ'ニニニニニ/ニニニニ


        .___
     /)/ノ ' ヽ、.\
  ./ .イ '(●)  (●) \     俺はやる夫だお。サンフェルナンド・ヴァレー支部のゲストだお。
  /,'才.ミ)  (__人__)    \
  | ≧シ'  ´ ⌒`        |
  .\ ヽ           /

店の入り口にたどり着くと、ものすごく大きなモンゴルズのメンバーが私の行く手を阻んだ。
ワッペンを見ると、彼はどこかの支部の武官のようで、その役職にふさわしい戦士のような逞しい体つきをしていた。
私も明日という日も拝みたかったから、選択肢はないに等しかった。
精一杯の虚勢を張って、私は自分がサンフェルナンド・ヴァレー支部から正式に招待されたのだと言った。
この言葉を、巨漢は理解したらしいが、私を胡散臭げにみていた。

295: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:26:36 ID:8z7dZfK.0

                     _    _
                  /´:::::::::`ー‐{::::ヽ、
                /⌒/⌒ヽ、::_:::::::::,!:::::::::}
             /    !ノp  丶 )-'ヽヽ:::::::l
             I.    L ´  " ヽ   .、ヘ:::::l    ドミンゴはどこだ?あいつはどこにいる?
             |      l- 、  ノ  , . ー.ヘ:::!
                    ゝ__ ノ「ヽ」ヽ_/( ヾ゙
                  ___」 _ -‐- 、 ̄ ̄/
                     ,\  /::::::::::::::::::丶 〈
                 / ノ /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ __ゝ
                    / ゝ, }:::::::_::::-―-::::_:::::i
                 /  <  !::::l´        ヽ」
                  /  ∠_ ,`!  , . l   i
              /     ´ l   |  l    l
                /       _ゝノ  ノ    !
             {       /´      >   」


      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \  知らないお、ここにいると思ってたんだお。
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /

私は最後の審判受けているキリストみたいな気分になった。
サンフェルナンド・ヴァレー支部の支部長であるドミンゴが確認してくれなければ、嘘と受け取られても仕方なかった。

296: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:27:36 ID:8z7dZfK.0

     ,;rシ"illi;、
     |ミハ  ノ}
  ノ⌒`(i、゚Д゚,l   ここで待ってな。
     /〈`ー/∩-、
     { ` y {Ξ)_)

彼はそういうと、私が前を通ってきたモンゴルズの集団のほうに歩いて行った。
彼のカラーズを見つめてみると、すっかり着古して、汚れてしまっていたことがわかった。
そのカラーズがあらわしている意味は、アウトローバイカーか、彼らをよく知る者にしかわからない。
カラーズはその人物が何者で、何をしてきたのかを雄弁に物語るアイテムである。
兵隊の軍服や警官の制服と同じで、ワッペンや記章で色々なことが分かるのだ。
体格や愛想の良し悪しは関係ない。

298: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:29:03 ID:8z7dZfK.0
               ____
             /      \
           /  _ノ   ヽ_  \   (…おい、何してるんだ。ドミンゴの確認がとれるまで入れないつもりか?)
          / u (●)  (●)   \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


男が暗がりで人影と話しているのが見えた。
男は話しながら、私と相手を交互に見ており、その話が長くなればなるほど、私を見る回数が多くなっていった。
気持ちがどんどん不安になっていった。
身体をこわばらせて、何が起こるかを待っていた。
「中へ入って楽しんでくれ」と言われることを期待していたが、もっと悪い結果になって叩きだされる可能性もあった。
モンゴルズの連中は人に大けがさせることをなんとも思っていない。
男だろうが女であろうが、たとえそれが味方であろうが。
知り合いも全く一人のいない私が、ゲストだと主張している。
連中にとって、叩きのめして路地裏に捨ててくることなど、タバコに火をつけるのと同じくらい容易なことだろう。

297: 名無しのやる夫だお 2013/09/28(土) 22:29:02 ID:yYW7PeGk0
パープル・ハートはまんま米軍の負傷勲章ですね

299: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:32:11 ID:8z7dZfK.0
>>297
そうですね。ただ実物の写真探しても見当たらないんですよね、探し方が悪いだけなのかもしれませんが。


       ,,〃"`\
     /(       `\
   /```>,,,〃""""彡`\
 ./ミ   ((    :.:.:.:彡 ヽ
 {ミ    `   :.:.:.:.彡  }
 |""!       ∥.:.:彡, }      …………おっさん、こっちに来な。レッドドッグが話したいとよ。
 { | _\___, ,___∠____...:.:.::ミ⌒l
´ {.|  ´゚゙彡!=f ミ=゚"<.:.:.:.:ミ》 }
 .ヾ  ´ ::| |::.、` ..:.:.:.:.:.:ミ /
ゝー〉   .‐ゝ .-" ..、:.:.:.:.:ノ|ノ
./´/ !"ゝ二二二./`:.:.:./::|
:〉 \∧ ,:,:,:,:,:,:,:,:.:.:.:.:.:.:/:::::|
{\ \ヽ´´  ´´ .:.//:::/|\
ヽ \ \─^─‐":::::ソ:::/::|  .\
ヽ  \ \  ゝ ::/:::/::::|\  \

男はやがて戻ってきて、私を上から下まで見下ろした。
息が苦しくなるような間を置いて、そう言った。
レッドドッグ。
この名前が今後二年間、私を絶えずみじめな気分にさせることになるとは、この時は思ってもみなかった。

300: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:33:08 ID:8z7dZfK.0

            _  -―-
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        x≦.:.:.:.:.:,. -‐…‐-ミ.:.:.:\
       /:.:.-‐- '".:.:.:.:.:.:.:.:.:: : :: `丶、_\
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :ヽ
      {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :}
      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        ソ:、:.:.:.:.:.:.:.Y´/vヘ`Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
     ー=彡\¨ニ=-∨___∨--‐‐ァ爪》
       イ彡《 \: :: :: :: :: :: :___∠ 》乂i}
      八从{  ≧=ァう不ゝ’=彡ル川リ
        ゞ,:{ヽ   ノ{ }ハ    ノイ仆"
         ''|、} ___,< } レ)、ー=ィ〃|《
          | ヽゞz彡辷冬≧ノ,ノ ト、
          ノ| ∧ >一`¨〃イ  |  \ー- _
    x=水フ´ |  込 _こ__ノ /    }、  }:: :: ::
  /ニニハ  /|  ∨ 7 7  /    i ヽ /: :: :: :
‐7ニニ/: ::‘ / !   ∨ /  /    ,′ /: :_: :-‐
/ニニ7¨ ‐-: :、_ ;   ∨  /    /_/: :¨: :: :: ::
ニニニ|: :: :: :: :: ::、‐-ミ.  ∨/  -‐ニア: :: :: :: :: :: :: ::
ニニニ|: :: :: :: :: :: :\__`ヽ /,..''": :: :: :: :: :: :: :: :: :
モンゴルズ全国本部付武官“レッドドッグ”(マリオ)※実物は赤毛で全身に刺青を入れたタフガイです。


私はひもでつながれた犬のように、バドワイザー漬けのモンゴルズの集団のところへ連れて行かれた。
内心は、捨て鉢な気持ちと恐怖を抱えていた。
彼らは一人を真ん中にして、半円を描いて集まっていた。
その一人は車の走っていない幹線道路に、ぽつんと立っている停止信号みたいに目立っていた。
明らかに彼がレッドドッグだ。
身長は180センチちょっとくらいで、筋骨隆々のたくましい肉体の彼は長い黒のダスターコートの上にモンゴルズのパッチがついたカラーズを着ていた。
髪の毛は真っ赤で、アルコールが入った赤ら顔をして、密生した赤い口髭は顎の下まで伸びていた。
頭にはバンダナを巻き、サングラスをかけていた。
刑務所で全身に入れたタトゥーも手伝って、なんとも凶暴そうに見えた。

301: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:34:25 ID:8z7dZfK.0

       ____
     /⌒  ⌒\
   / ,,,⌒   ⌒,,,\   俺はサンフェルナンド・ヴァレーから来たやる夫だお。
  /::::::   (__人__) ::::: \
  |       |r┬-|     |
  \      `ー'´    /


  `¨ - 、
      | `Tー―ーヽ、
      |  !      `ヽ
      r /      ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j
  ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´
              ゛'^´


私は王様に拝謁しようとしているの民のようだったが、卑屈な態度を見すかされないよう、ともかく片手を差し出した。

302: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:37:02 ID:8z7dZfK.0


            _  -―-
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        x≦.:.:.:.:.:,. -‐…‐-ミ.:.:.:\
       /:.:.-‐- '".:.:.:.:.:.:.:.:.:: : :: `丶、_\
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :ヽ
      {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :}
      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        ソ:、:.:.:.:.:.:.:.Y´/vヘ`Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
     ー=彡\¨ニ=-∨___∨--‐‐ァ爪》
       イ彡《 \: :: :: :: :: :: :___∠ 》乂i}
      八从{  ≧=ァう不ゝ’=彡ル川リ
        ゞ,:{ヽ   ノ{ }ハ    ノイ仆" ……………
         ''|、} ___,< } レ)、ー=ィ〃|《
          | ヽゞz彡辷冬≧ノ,ノ ト、
          ノ| ∧ >一`¨〃イ  |  \ー- _
    x=水フ´ |  込 _こ__ノ /    }、  }:: :: ::
  /ニニハ  /|  ∨ 7 7  /    i ヽ /: :: :: :
‐7ニニ/: ::‘ / !   ∨ /  /    ,′ /: :_: :-‐
/ニニ7¨ ‐-: :、_ ;   ∨  /    /_/: :¨: :: :: ::
ニニニ|: :: :: :: :: ::、‐-ミ.  ∨/  -‐ニア: :: :: :: :: :: :: ::
ニニニ|: :: :: :: :: :: :\__`ヽ /,..''": :: :: :: :: :: :: :: :: :

だが、レッドドッグは差し出された手を握ろうとするそぶりを見せず、ただ立って、私をじっと観察していた。
それは彼が味方や敵を威嚇するときに日常的に使っている手だった。

303: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:37:47 ID:8z7dZfK.0
       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\   (……ははっ、ファーストコンタクト失敗ってか……)
  /:u::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´   u /

私は差し出した手を下ろして、待った。
しばらく続いた沈黙も効果的だった。
私はがけっぷちに追いつめられた。

304: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:38:23 ID:8z7dZfK.0

            _  -―-
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        x≦.:.:.:.:.:,. -‐…‐-ミ.:.:.:\
       /:.:.-‐- '".:.:.:.:.:.:.:.:.:: : :: `丶、_\
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :ヽ
      {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :}
      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        ソ:、:.:.:.:.:.:.:.Y´/vヘ`Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
     ー=彡\¨ニ=-∨___∨--‐‐ァ爪》
       イ彡《 \: :: :: :: :: :: :___∠ 》乂i}
      八从{  ≧=ァう不ゝ’=彡ル川リ   やる夫っつたな、おめぇスーって女知ってるか?
        ゞ,:{ヽ   ノ{ }ハ    ノイ仆"
         ''|、} ___,< } レ)、ー=ィ〃|《
          | ヽゞz彡辷冬≧ノ,ノ ト、
          ノ| ∧ >一`¨〃イ  |  \ー- _
    x=水フ´ |  込 _こ__ノ /    }、  }:: :: ::
  /ニニハ  /|  ∨ 7 7  /    i ヽ /: :: :: :
‐7ニニ/: ::‘ / !   ∨ /  /    ,′ /: :_: :-‐
/ニニ7¨ ‐-: :、_ ;   ∨  /    /_/: :¨: :: :: ::
ニニニ|: :: :: :: :: ::、‐-ミ.  ∨/  -‐ニア: :: :: :: :: :: :: ::
ニニニ|: :: :: :: :: :: :\__`ヽ /,..''": :: :: :: :: :: :: :: :: :

長い沈黙の後、レッドドッグは唐突に言った。

305: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:38:38 ID:8z7dZfK.0

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
                         , ' ´              ノ     ┌┐ r‐――‐ 、
                         /   u        xzz    )       | |  | r--- 、 l
                         /          ,,,>==´ ̄     ヽ.    | | └┘ ノ ノ
                       /ミ=zx、、   i ゞ、≦xz==x      . i      | |    i"´/
                         /. ,z==、ヾ  ゝ  〃 /⌒ヽ ヾヽ    く     └┘   └┘
                     / イ/ ( ) ミ  ⌒ゝ ヽ-‐ゞ=''─-''′   厶,     ┌┐   ┌┐
                  /  ` ̄ ̄ ̄イ ´r彡 `""ヾ          ヽ   └┘   └┘
                    /    /       ヽ   。          レ、⌒Y⌒ヽ⌒Y⌒ヽ
                      {    {    {      } ι              ,'
                    i     ゝ、_ノ\__ ノ                /
                       ',
                       \      `ー-一                /
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

それはとびきりの爆弾だった。
まるで耳に銃口を捻じ込まれたようだった。

306: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:39:35 ID:8z7dZfK.0

           ,. - ── - 、
       r'つ)∠───    ヽ
      〆⌒  ̄ ̄ ̄ \    \
    ,.,.イ      ,イ     \     \
   ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \     l
    {  .ト{\ヽ',  メ __\       l
     ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、 l   モンゴルズがなんだって言うのよ!
     ノ  ト、"´,.     ー ノ ///  |   私はね、あいつらにいずれ大きなツケを払わせてやるんだからね!
    /.  {   ゝ     /  レ//  |   だいたい(略
    {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TTア⌒>、
    V{   \ └ ´  / ,.イ/  /ll |   /~\
      V{   >ー┬|/  ! ,.イノ || |  /    \
       リヽイ|   /:| l _|' '´  || |  |      \
        /{{ |   |===|     || |  |       )

ローズ・ボウル・スタジアムの駐車場ではじめて会ったときから、あの女トウィーカーがトラブルの元になることはなんとなくわかっていた。
数日前も、スーがモンゴルズに腹を立てていることを吹聴していると、ドミンゴから聞かされていた。
モンゴルズに大きなツケを払わせてやる、とあちこちで息巻いていたという。
他の客は彼女のことを知っているため、全く相手にしなかった。
だが、ドミンゴは彼女がクラブに潜入捜査官を送り込もうとしているのかもしれないと考えていた。

307: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:41:14 ID:8z7dZfK.0


    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿   と、いうことはだ。やる夫、お前がその潜入捜査官かもしれねぇな?
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


ドミンゴは私に向かってこう言ったものだ。

308: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:41:42 ID:8z7dZfK.0
          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |    潜入捜査官かもしれない!
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ   だっておwwwwwwwwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)   んなわけねぇお!!
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/   (……あの、バカ女め!)
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


それから私の顔をじっと見つめて、反応を探ったが、私はいつもそれを笑い話にして取り合わないふりをしていた。
が、内心はいつもヒヤヒヤしたものだった。
よいニュースが伝わるのが早いなら、悪いニュースはもっと早く伝わる。
スーがクラブへの仕返しをたくらんでいるというモンゴルズの口コミによる噂は、すでにレッドドッグの耳にも届いていた。

309: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:43:42 ID:8z7dZfK.0

          ____
        /_ノ  ヽ\
      /u( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\   ああ、レッドドッグ。スーのことはしってるお。でも、<ザ・プレイス>にいる他の連中と同じくらいしか
    |    u |r┬-|    |   やる夫も知らないんだお。ある葬式で会ったんだお、それ以外のこと知らないんだお。
    \       `ー'´  /   もし、あの女が問題を…
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

それは真実に近かった。
正直な話、あの女ことなど詳しく知りたいとも思わなかった。
「あの女が何か問題を起こしたのか?」と聞こうとしたが、その言葉は続けられなかった。

311: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:44:11 ID:8z7dZfK.0

:.:.:.:.〃__  __ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :: :
:.:.:.:.{ |:l V !:| }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :: :
,....-‐:::::::¨:::: ̄:::::¨:::::‐-....:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :: :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、: :: :: :: :: :: :: :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: :: :: :: :: :: :
::::::::::::::::;  -‐==¬=ァ=-、ュ_:::::::ヽ.: :: :: :: :: :
:::::::; '  ,!   ;'=--‐≦< ̄ヽ `ヾ、∨: :: :: :: :
::::/≠ー-ィ:、 〉ーァ/´¨o,ア     ミ≧ゝー、:.:.:.
:::{/"゙7¨oヽ.〉  ー´`¨´      く三/〈‐ュ i:.:.:.
::∧ `¨ "'/             彡 j: i: |:.:.:.:    やる夫、問題がアンタだってわかったら、その喉笛をかっ切ってやるからな?
ゝ-',   (、 jュ )          ミi,、_ノ./:.:.:/
   i    {:Σィ‐≦ー‐-ュ:.、      |!、_ノミ/
.   l ,.ィ仁彡ュ≧≡ーニミミ、    !∧ミミ
   ',メ彡∧V                 ,'  ∨
   ∧"´ 〈ーニ二 ̄¨       /:  ト、
     ' ,   ` ̄¨"       ,. ':   !: :: :: .、_
      \ !.          / ,'   /: :: :: : |: :: :
.      ,ァ} ヽ、 _,,   イ/ /   /: :: :: :: :!: :: ::
     /:::::i',  '///////  /   , ': :: :: :: : /:: :: ::
     _/::::::::',∨ ヽ.         /:.:.:.:: :: :: :/:: :: :: ::
.  ァ-/ i:::::::::::ヘ、     / ,....<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:': :: :: :: :: :
./::::!:.:.∨.:.:.:.:.:.:>,ィ;、_r':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.: :: :: :: :: :
:.:.:.:.:.`:.:.:.\:.:.:.:.:.:.///i: : |\:.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.':.:.:.:.:.:.: :: :: ::.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ` ー┘' ' |◯|:::::ヽ_>:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

レッドドッグは私を遮った。
私に向かって歩いてきて、ビール臭い息がかかるほど顔を近づけてそう言った。

313: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:47:59 ID:8z7dZfK.0


        : ィ´ ̄ ̄ `ヽ :
          ー-''  ヽ、__ヽ
      : / (  )  (  ) ヽ   (まずい、まずいぞ。こいつは最悪だ…)
       { |i|T(_人_) u  }
       !  u  |--|    / :
      : 丶.    |_j  _ノ
         ゝ  ー‐  ヽ :
        : /        ',
        /         ',
       !
      : {          i
        i  /      i j } :
        lヽ/       !ノ !
        !          l
       : i  |ー --- ―i j
         ヽ!       |/ :

顔面に強いパンチを食らったような気がした。
私は正直、どうこたえていいかわからなかった。

314: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:49:07 ID:8z7dZfK.0

     /: :: :: ::r' 「`'v'´1ヽ: :: :: :: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ': :: :: :: ::{ |_l∨l_| }: :: :: :: :: :: :: :: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.
   {: :: :: :: :: ゝ __   __ノ: :: :: :: :: :: :: :: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    ヽ: :: :-‐: :¨ ̄: : ̄¨: :: :‐-: : _: :: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  /: :: : ____ ________z≧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ` ̄ ̄へ≧x、  x≦三x<¨`  j三≧x:.:.:.:.:.:.:.
      iミ', ィてオ} j: >'てリ>     !ニニ/^ヽ.:/   ……おい、こいつを入れてやれ
.      iミl  ¨´!  `¨''         lニニレく} }ミ
      ミi    /           ミミ/ ,ク /ミ
        キr、 ヽー'ァ、)    ,.ィ    ミミ}ノ/ミ
       圦辷チ彡_込三彡’     ー'州リ
        ヘ ¨` ̄  ̄`         ,′{州≧=イ
        ハ  ( ⌒`''      ノ  从辷彡’


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\   お、恩にきるお、レッドドッグ
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


すると、レッドドッグは手下に向かってうなづいたから、心底ほっとした。
向きを変えてた時、私は彼に店に入る許可をくれたことに礼を言ったのか、それとも喉笛をかき切られなかったことに礼を言ったのか
自分でもよくわからなかったが、もしかしたらその両方かもしれなかった。

312: 名無しのやる夫だお 2013/09/28(土) 22:45:33 ID:yYW7PeGk0
・・潜入捜査官だろうと指摘されたらバカウケしてごまかすマニュアルでもあるんだろうか・・
(あまりにテンプレな反応なような)

315: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:53:27 ID:8z7dZfK.0
>>312
テンプレすぎましたかね?(反省)


        、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___人__人__人__人__人__人__,
       _)                                                (_
       _)_         ┃                              ┃ ┃        (
       .)     ┏━━ ┃                         ┃ ┃       (
       _)            ┃                 ━━━━  ┛ ┛       (
       _)            ┃ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋         ┛ ┛       (_
       _)                                              (_
       )                                                  (.
       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y .

                                 ___
                 ____         /M   \
               /_____\      ====--┬|
                |__|  ヽ  /  |        | θ θ |_|
               (∂  (・  (・ |        |  o    6)
               |    )⌒  ) ∩_    (   ノ  /
              /\  ノ(フ /\( つノ    ` ┬-イ
             /     ̄ ̄ ̄    |  |     / ̄ ̄\
             | ̄|         | | ノ    |      |

<トニーの大衆酒場>は椅子の類が全くなく、アマチュアのライブ・バンドが雑多な要素が入り混じった曲名のわからない
ロックを演奏していた。
モンゴルズのメンバーたちは、その大音量のギター音をついて、バカ話に花を咲かせていた。
どこもかしこも1%erばかりだった。

316: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:54:03 ID:8z7dZfK.0

                                      -‐    ̄ ̄_  、
                         -――‐- 、  / ̄ヽ´         /  \ ヽ、
                      /         /  へ__「 ̄`ーへ----ヘ   |  ヽ
                      /  __ ヽ、  /  /    |  ヽ  ヽ、  |  |    ',
                   /   /´___`ヾ、 | /  / |    |  l   l  |  |    i
              __   /   r'´,  、  、、\゙'.| !   l  ! |  |  l   l  |  |    |
     __ ⌒ヽ,r '´     ` 〈 /´ ,--、/ ヽ r‐!‐、`l | ! l l  ! |  |  l  _L.-!  !     |
  ∠/‐O‐/<ヽ/二二ヽ    V / / l!_|   |N__|_ l l | ! lT''‐L'、  |_|/イ_/! /!  !  l |
  Lr''´/ ̄`ヽ /l、、ヽ___|  |   トl/Vイ 。  l! 。  |l l | ! l !/l。:| ヽ/ /|。::ヽ、|  |  | |
  ////|! |_|_l 、 ! ト、 ´,-、|  l  ヽ \`| |ー,    ー‐' l | VヽN| l:: l     ! !::::::ノ/ |  |  | |
  !l l´!l ヽヽ | |N |゚' ゚‐''|  |)、、 \ 」 l、  --┐  / |   | |ヽ""丶--┐"""' |  |  | |
r―-、l ゚  ゚ ;// lr‐ヽフ |  | ヽー‐、.!、_,\`ー' _,../__/ ',  | | ト、  ヽ_ノ    . イ  ∧/Vヽ|
`(ヽ ヽト- //, (´  ト‐/ / /    | l | l`´r|     ∧. ! ! ∧ >- . _ イ´ l /::/:::/ヽ、_
  !`ヽ \/// ヽ   !/ イ レ' /   / / />´/_  / ヽ.|∧/Vヽ|_...,--、__| /|/::://::::::::::::`::....、
  !/_\ `´  /\ \|   /― / //i´   i´―‐ン゙ /´`ヽr‐、 /::(、   ` `ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\
 /`/♀lr`ー‐´  / \ \ /  / //| !   |   /  r' <ヽ | |/|::::::l´        |V:::::::::::::::::::::::::::::/´`ヽ

そして、喜んでフルパッチのメンバーたちの所有物になりたがっているような女たちも大勢いた。

317: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:54:47 ID:8z7dZfK.0


       ,  -‐  ァ¨ア  ̄                   . -    V Λ           ‘,
      γ´     / 〈   ` -- :..、__       , -‐ ´      Ⅵ Y         ‘,
.      /      r% /ノ           ヽ    ,:′             \ ヽ、          l
    /       { ,イ                `                  ゝ ヽ        .!
    /     〃 /_ ...,  -‐                        ̄ ¨ ` :.ヘ }_       l
    ’    , :} y'´                                  ‘: ハヽ、   l
   ,    // .ア                  :.  ,:'                 ゝヘ \   l
   l  . ' ,/ /)                   ゛, /                  V :.ヽ_゙ヽ.!
   l / r久 ,}                    :.!                        { l  丶l、
   ! _;〃  ,' l〈                    l:                     V     ‘:、
    lノ´  / l )                    l                      /        ':.
   /      l《、                    l                   {         ‘,
  ,:         Ⅵ: :. .                 :..l                . : : ,ハ        :.
 ,′       ヽ!:. : : : .               !                 : : : ,ク           ‘,
. l          :.ヽ: : : .                  l.:              : :〃          }
. !            ハ: : :'                   l               //           ,'
.‘、           `ヽ、               l                 _,.<            /-  _
 ハ              ヾ__              ;l           r- ’                 ,:'        ̄¨`ヽ
. , ‘ 、       / Y     ¨`ヽ、             j!         _/      _      / -ー           ‘,
/  - ヘ.     '  /    , ‐ァ   `ヽ、__       Λ       / ̄  ,.: -       _> ´               }
     `ヽ、/  /   〃 /  ‐-  _   >.、 _ ノ-=;ゝ、__, -‐ '′         _, -‐ ´                 ,′
       /  /、 ,:   /__ 二 ニ __ ,. - - ァ ≠^ - < __ 二ニ  -‐ ァ    ,  -‐ ´                 /
    , -./  /  `/  / ̄                               _,ゝ-‐ ´                 , ’
   /  ./   /  /  Λ     , - 、                    Y  __  ,  - ==   ¨  ̄       /
.  /  ノ   ./、 /  / }  ,  ’ /                       `¨ ̄ァ´                 /
 /       `7  ,/  l/  /                            〃__  -r‐   ̄ ァ   ,  ´
,:’             /ゝ ´  /            ,!                     !    /  /


ある女は半分しか覆っていない胸が明らかに自慢らしかったようだ。
とにかく大きな胸で、シリコンは詰まっていない天然もののようであったが、ベルトから大きくはみ出している腹もまたすごかった。
両方とも人目を引くには十分なほど大きかったが、これからもこの集団と多くの時間をつぶすことになるのなら、ときにはもっと
みてくれのいい女にもお目にかかりたいものだと思った。

318: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:57:29 ID:8z7dZfK.0

          ____
        /      \
       /u ─    ─\
     /    (●) (●) \   (……し、視線が……いかんいかん、なんとかしないと)
     |       (__人__)    |
      \   u  ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/


私はフルパッチ達の前を横切らないように注意しながら、カウンターに近づいた。
バーテンダーにバドワイザーを注文したが、バーテンダーの怪訝な視線を受けた。
自分がどれほど浮いた存在であるか痛いほどわかっていた。
何しろ、百人以上いるヒスパニック系のバイカー達の中に、白人男が一人。
私は自意識過剰をかなぐり捨て、とにかくみんな溶け込むように最大限の努力をすることにした。

319: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:57:51 ID:8z7dZfK.0

    +       ____    +      。 ゚。
      +   /⌒  ⌒\ +     (,.)´)´)´))
          ./( ⌒) .(⌒) \    |~U~゚ ̄|゚o   お、あんたすごいいいショットするな! すごいお
    +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ .「ニ|:/::u ::::| O
        |       トェェェイ     | { |     |
     +  \    `ー'´     / i.L|______|  +

バドワイザーを片手に、私は<トニーの大衆酒場>の中をぶらぶらして、急速にいろんなことを学んでいった。
たとえば、あるモンゴルズのメンバーの背中をポンとたたいて、玉突きのショットをほめたときだ。

320: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:58:32 ID:8z7dZfK.0


     >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::::::::::::::,、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::., 、::::::::::::::::: ∧
   ´ーz::::::::::::::::::::::::/ `>//:/:::::::::::::::::::::::::::::::::\Х  ∨ :::::::::::::/
    /_:::::::::::::::::::::/   /./ /:/` /:/__,,;.!::!へ::::ヘ \\. ∨ ::::::::/
.     ̄ /:::::::::::::::::::i   i/  .|::|  |::|   |::|   \ヘ  .〉/ ./::::::::::/
     /:/:::::::::::::::::i',、    i レ′ |::|   |::|    i  ´ /::::::::: /
    //:::::::::::::: ili丞。、 il,    i/    Y     il  ,x幺彡__/
       レ イ: :/´`il'守三ミ:!i,               /il三三彡´ヽ
       レ〈 (  il. \ ̄`(うx  ::'::::::i     .x(う¨ ̄/ lil .) 〉
.           Ⅵ .il   \__≧、::',::::》::::::≦__/  lil .ソ/
.          Ⅵ .iil       / i::. \       lil /
            ` ‐ill             |::..            lil‐´    おめぇ、今度俺のパッチに触ったら、このキューで頭をかち割るぞ
.              il         l:::..          lil
               ill    ,.ヘ    .!:,..         lil__
           /´,.Х   ,ト、__________, ヽ    Х / \
.        ...::::::/   ', Х   `''ー---==′   Х /   ∨:::....
    ...:<:::::::::/    ',  Х     ̄      Х  /.    ∨::::::::>
   ::´:::::::::::::::::/     ',    Х         Х  /     ∨::::::::::::::::`::..

彼は私の方を振りむいて、いかにもアウトローらしい笑みをにっと浮かべて、静かにそう言った。
私は彼の言葉を信じた。
それで学んだ―――モンゴルズのカラーズには指一本触れるな。

321: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 22:59:37 ID:8z7dZfK.0

               |                            
           /\                        
          /   \                       
           ̄ ̄ ̄ ̄                  _       
                             _'´_ ミミ      
                           ||  ひ` 3彡    
                           ||   匸 イ、_    
                           || ,イ:〈Y〉::::::l\  .
                           |レ' l:::::V:::::::::l  l ...
             ___               ( ,) l::::::l::::::::::l  l ..  カツーン
         / ,,....,ヽ              |ト-' l;;;;;;l;;;;;;;;;;l__/ .. .
       彡c´,_、, ゞ'                 _ || _ |::::::t::::::::|ソ  ..     ゴトッ
   〈 ̄⌒)::く 、..,_.ノソ         ,,. -‐ '' ´ ,lニニl、_ ̄`` '' ─ --..
   人 ヽ:::::ノy`,.<、   ,,. -‐ '' ´ ,,. -‐ '' ´ ̄ ̄  ̄``'' ─ --..
  /:::ヽ ヽ//:;:へ、 \'' ´ ,,. -‐ '' ´                 
  /:::::=ヽ◯=====(=ヘぅ==========  ○           
 ヽ::::::::-‐ '' ´ ,. -‐ '' ´               ●        
‐ '' ´ ,,. -‐ '' ´                                 
‐ '' ´                                    

玉突きはバイカー達のライフスタイルの中で大きな部分を占めている。
ジャック・ダニエルズ(※1)でべろべろに酔ってバカなことをするのも彼らのライフスタイルだが、私はまず玉突きをやって彼らに溶け込もうとした。

(※1)
アメリカ合衆国テネシー州リンチバーグに本社を置く酒造メーカー。
または、同社が製造するテネシー・ウイスキーの代表的な銘柄。

322: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:01:50 ID:8z7dZfK.0
       / ̄ ̄ ̄\
      /      ─\
    /        (●)\
    |          (__人l
     \         `  /
     /   ノ          ノ\ 
    /  /    ' / ̄ ̄  y \
   (  y      |.      \ \
    \ \   |         \ \_
=== \ィン========\   )=====・

私は子供のころから玉突きをやっていたので、ゲームをしてもそこそこやれる自信があった。
もしモンゴルズのメンバーを何人か任したら、皆を怒らせるのではないかという思いがぬぐい切れなかった。
下手をしたら集中治療室のお世話になる可能性もあった。
最初に相手をしたモンゴルズのメンバーは腕がとてもよく、私が勝つまで一回しかミスショットをしなかった。

323: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:02:38 ID:8z7dZfK.0


              、_刈从WWWW从从≦二ィ_,_
              、_x≧W从从从WWi{从从从i从ア
                ィW洲从从}i州从ハ从从}Wkく :.
             、_j从WWW{i从{     , 、_  `}从 :.
             洲W从从リ{ィ=≦壬r示≧=代 :
             刈洲W{iレ'´ 込Z弐シ {Z弐近{ :.
              イ洲r=i{|        _ 冫    } :.
                 }从{ V|i 、_       ′   .' :.
                 从 {_  `     .ィこ>   ,'  :.
                }ト、_         `二   /   ::.
                    从汽     ,ィi斥仆v   :.:
                 洲 ` ー‐- {i」从」シ{   .:.
                ノ]}           |   .:


エイトボールを沈めた後、顔を上げるとその男がキューを棍棒のように握りしめて私のほうに近づいてくるのが見えた。

324: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:02:58 ID:8z7dZfK.0

         ____
       /     \
      / \   / \  fl
    /  (●)i!i!(●)  \ ||(……やる気か?)
    |  u , (__人__)    | ||
    \    .`⌒´   /(⌒)
     /           / ||
    /rー、         /  ||
   /,ノヾ ,>         |   ||
   ヽヽ〆|         .|   ||

私は緊張して背筋を伸ばして自分のキューを握りしめた。

325: 名無しのやる夫だお 2013/09/28(土) 23:03:04 ID:yYW7PeGk0
任したら→負かしたら ですね

326: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:04:16 ID:8z7dZfK.0
>>325
そうですね、ありがとうございます(汗)


               l    .,
        >\lヽ|ゝノ/ノ_,、_  
      ミ壬災从卅乍毛川夂   
     マ卅从ミ从毛仆卅从ソ彡  
     少W从ダ彡卅儿乂从卞ミ  あんた、なかなかやるじゃねぇか。
     オ从W卅卞从毛叭災少大  俺はルーシファーってんだ。
    从毛;/lノヘl/ヘll/W\lW从ミ七 .
     rミミ|ヘl     /    ノ .l/彡ヘ 
      ,ヘ|ーt- =,,,_  ,,,,_,  ノノミヽ
   _, =.ハl .マ;示ダ、_tオHfチl///
-‐''゙´//ノlハ ` ̄´  `ー‐' /ノ/`ヽ_
/////// |.jヽ   ヽ_ ,r    λ/////`ー-、
///////ノlノ ヽ -==、  ,イ.l l ∨///////
///////l.ヘ.   ヘ.,illlli,|| / .//' ∨//////
////// . ゝゝ   '''''''||'  //'   ∨/////
/////   ヘ `ー- _~_//    |//////
////     `ー- ___./       ∨////
モンゴルズMCメンバー“ルーシファー”(マダオ)


  `¨ - 、      _
      | `Tー´  ̄ _ ̄)
      |  !      `ヽ
      r /      ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j
  ` ー    ヽー--、ヽ,ヽ__j´

だが、驚いたことに彼はキューを下ろしてあいているほうの手を私に差し出してきた。
その夜、手を差し出してくれたモンゴルズのメンバーは、彼が最初だった。
しかも、彼は見習いではなくフルパッチメンバーだった。

327: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:05:39 ID:8z7dZfK.0
          ____
+        ./ \  /\ キリッ
      / (●)  (●)\
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   やる夫だお。サンフェルナンド・ヴァレーから来たんだお。ゲストなんだお
    |      `-=ニ=-      |
    \      `ー'´     / +


                  、_,ヽ\汁|ヽヾ_,_,
                `久匕卅从W勹災七
                    乂从W仆幵卞从Wミ
                    YヾlVlN从マ大W从ダミ
                      ノ   ∨r 、卞卅从从   そうなのか。……で、ドミンゴはどこなんだ?
                r}-―==ヽ)}从オミ仆匕
                `l    |i/ 'W从卅冫
                 ',       W从彡'
                  ',     ,  ,r'´ ̄
                   """"ヾ//´///
                          l/´//////
                     /////////
                       //////////
                    {/////,r'´
                    ヘ//,r'´ ,r'´
                      )'´ ,r'´


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   それがやる夫も知りたいんだお、もう来てると思ってたんだお
  |     |r┬-|     |   (またそれかよ、いったい何度同じ質問に答えりゃいいんだよ)
  \      `ー'´     /

328: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:06:13 ID:8z7dZfK.0

    ,/               \
  /                  \
 /                        ヽ
./    ハ./ゝ、    __          ヽ
i     ,ヘl ヾ. `,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ     i
!   l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、   ハ
:   i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
:   l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
:   ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:..   ,〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:   :i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!
|   :l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉
}   :! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!   :l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:   ./i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:../   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:.:l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


.              /:::::::: \::::::::::\::::::::::::::`¨¨¨¨\)\ 、、
         ___彡':::`¨¨`\\::::::::::\:::::::::::::::: ⌒ヾV'W/ )
          '⌒㍉ヽ:::::::::::::::::::\\::::::::::\::::::::::\ :::::|::: //て
        ⌒ヾ:::::::`ー===ニニニ\\/" /`ヾ:〉》::::|:://:::/
 .          \):\::::::::ー-===ミ/  /    //\j///し
              ',::::',\:::/⌒ヽ彡  ̄/ ̄ミメ//  `7刈く
              ',:::|:::::::{ ⌒) "    弋戎ハ\  // |⌒\
            {从:::::::} イ       `ヾ ⌒/厶,,j   }
               〉:::\:○'                 {ネ/   丿
          /`ヽ//〉^Y                ∨
          /  / ,//           \ _  _   ゝ
_ ..  -‐==彡`ヽ/'⌒//、             ` ーヽ_r ´
. : ̄ ̄` 、::::::::::/   〈/ . :\  \          ┘
  .:\ ̄ ̄\/       . : :\  \     /
 . . . : :\  . : \       . :/-=ミノ\ _,ノ
    . . : : \  . : \     . : :/:::::://)
     . . : :\  . : \ . : :.:/^Y//
         . : :\  . : \.:.く::::::/∧\


が、ありがたいことに数分もしないうちにドミンゴとロッキー、それにサンフェルナンド・ヴァレー支部のメンバーたちがぞろぞろと店の中にはいってきた。
その時ほどモンゴルズの集団を見て嬉しかったことはなかった。

330: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:08:08 ID:8z7dZfK.0

            ____
         /_ノ ' ヽ_\
       /(≡)   (≡)\    ドミンゴ、先にやってたお、会えてうれしいお!
      / /// (__人__) /// ヽ
        |     |r┬-|      |
      \    `ー'´   /


        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ---- ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ   よう、やる夫! おめぇずいぶん早く来てたんだな。
      ゝ---η.   |||||||  ゝ   あぁ、皆紹介するぜ、うちの支部のゲストで、やる夫ってんだ。
        /≦ ヽ .|  | ≧

ドミンゴは私を店にいた全員に紹介して回り、私の神経も含めて何もかもが落ち着いた。
その後、ロッキーやドミンゴたちと玉突きをやり、ビールを飲み、ジョークを言い合い、さらにバイクのことなどを話してかなり楽しくやっていた。

331: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:08:54 ID:8z7dZfK.0

          /: :: :ァ-‐-、: :: :: :: :: :\
           .{: :: : { |lv1| } : :: :: :: :: :: :\
           _〉-‐====‐-: :._: :: :: :: :ヽ
          .(;;;;;;;{l〃< >¨`ヾ ミミ: :: :: :/
         `<ゝtッュ { f.ッ_テ  .ヾうヽ く    ずいぶん楽しそうだな、邪魔させてもらうぜ?
              .i  i j ュ     ミ〉rリミ
            キァ彡_匁ミュ、  .} <ミミ
               ∧ ゝー-    / / ∧
                ', ”¨   / ./>f >  、
                   ≧- イ= 7: : /: :: :: :: : ∧≧ 、__

が、それも全国本部付き武官という地位にいるレッドドッグが通りから入ってくるまでだった。
彼が私たちの玉突き台に姿を現すと雰囲気が一変した。

332: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:09:38 ID:8z7dZfK.0


            /:.:.:.:.i.: : : : : : : :.,r´⌒` 、 : : : : : : : }::\
        /:.:.:.:.:.|.: : : : : : : :.{ /∨ヽ.}: : : : : : : : .i:.:.:.ヽ
         |:.:.:.:.:.:|.: : : : : : : :.丶、__,.': : : : : : : : 丿:.:.:.:)
          i:.:.:.:.:.:.:i、 : :__,,.-ャ=ァ~~ ̄~~了"べ亙:.:.:.:./
        i.:.:.:.:.:.:`iァ弋: : : : : : : : :.ト、.: : : : : :.ノl|∨/
         \ /\,_.: : : : : : : :.|,,,i、_,,.∠;斗l|l|イ
          ,ゞ,l|l||´<込ニナァーー亠 z弋才ゞ{l|れヽ
          i、丸l|{ .f  ̄.,,/" } !"ヾ,, ̄  }ミ/ワリ   おい、やる夫よ? 楽しんでるか~?
          ヾ`、_言 l.      |      ./ミfソ./    皆もあのスーのアバズレのことは聞いてると思うがこの際言っておくぞ。
           \_ミ. i     i、,i_,jゞ,     / |/    もしもクラブにネズミが入り込んでいるのだとしたら、そいつの喉をかっ切ってやる。
           ノl`i、、_..イ´彡ェミ爻゙シェ;,.ャ i|`夊    それにドミンゴ、てめぇにも責任を取ってもらうぞ、わかってるな?
           ルj;|ト`ー‐''"" ̄  ̄``゛゜`゛ メ|ミミし
            彡廴\ヽ. ~武才~  / //_|父
            ノ|:.:.iV\!,      / オ.i:.:ト._
     _,,.. ャヒ''"´ 斗:.:.:iヘ.: :\,___,/ジ/: :.i.:.:r-ゝ~"'ー- ,,

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ  (くそ、この野郎……)
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o


レッドドッグは私を不安な気分にさせるだけでは満足せず、私の正体を暴くことに個人的な興味があるのだということを
多くのメンバーに伝えようとしてた。
さらに、クラブに潜入捜査官が入り込んでいたら、その捜査官だけでなくドミンゴも殺してやると、と彼は大声でドミンゴにいった。
私と同様ドミンゴにもツケを払わせてやるのだ、と。

333: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:12:50 ID:8z7dZfK.0
               _,,,,,,........,,,,_
        .,...-''"   ;;;;;:::::::::::::::゙゙''-.._
      , ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::ヽ
     ,r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::ヽ
    ./;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;;;;; :::::::::::::::::::::..l、
    l. ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;: ::::::::::::::::::::::::.ヽ
   .| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,,_.;:;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::..!
   .!.;;;;;;;;;;;;;;...,、 ゙'、 .ヽ '|ヽ::;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::.l
   . };;;;;;;;;;;;;;;│゙i,ノ.;;;;.|/ !:;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: |
   .l、...._,.. ー"_iii、...;;....;:.,//| ;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: |
   ヽ.二,,,,=二: :.コl..テ;..゙´,/ ;;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::l    落ちつけよ、やる夫。今夜は楽しもうじゃねぇか。
   ./.,!;ハ・ー"::::_l."/.;. ..┴./ ;;;;;;;: ::::::::::::::::::::::::ヽ    レッドの言うことは気にすんなよ。
   .l゙ .ゞミ- -''''゙"''..... ; . rッ″;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::\
   .!ヘニ''―-..._    _..ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ.   /i
    !、t;; .,i、.;;.'.l`i ; l ;;;;;;.,i、、;:;;;;;;;;;;;;;:.  : ::: :____._ /  ./ i
    l.l l;l .! !::..|  l  | ;;;./lヾ“'''''''''''"゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄.ヽ     l .,!
    l, l.| | .!: l ;;│; | ./  ! ヽ             \   l .l
     .li`- .凵_,,l゙.;: .l″ i. i .ヽ        ,,....,゙ッ ./  !
   .|i、 ゙、|'ti、.:::...; /   /. .!  .ヽ     _.. -''"´: : │  !
    . l.\  `''''''l″  .,i  l   ゙!,i-‐''゙゛: : : : : : : :./  .!、
     .!. ゙'-   !  .__,,゙.. -'ヘ   .ヽ: : : : : : : : : : ./   | .゙!〟

が、ドミンゴはレッドドッグの罵りを受け流すのがうまかった。
少しは疑っていたのかもしれないが、私が潜入捜査官とは信じていなかった。
玉突きをやっているとき、ドミンゴは私の背中をぽんと叩いた。

334: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:13:55 ID:8z7dZfK.0


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   (さて、今の時間は……もう二時すぎたのか。それにしても今日は長かった…)
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

カリフォルニア州ではラスト・オーダーが午前二時までと決まっている。
許可証を持って営業しているバーに繰り出したモンゴルズの面々は、それ以前には決して店を出ようとしなかった。
私は腕時計を見て、その夜のことを振り返ってみた。
自分はまだ五体満足で、身体のどの部分も付け替えられておらず、筋金入りの1%erたちとの会話にいそしんだ。
客たちがぞろぞろと歩き始めたので、私も引き上げようと思った。

335: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:14:18 ID:8z7dZfK.0
         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |   あぁ、ドミンゴ。
    \     ` ⌒r'.二ヽ<   すまないけどそろそろ帰らないと明日の仕事にさし障るんで、やる夫は帰るお。
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


    ,/               \
  /                  \
 /                        ヽ
./    ハ./ゝ、    __          ヽ
i     ,ヘl ヾ. `,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ     i
!   l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、   ハ
:   i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
:   l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
:   ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:..   ,〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:   :i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!    ん、そうか。気をつけて帰れよ、やる夫。
|   :l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉
}   :! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!   :l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:   ./i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:../   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:.:l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、


           ト、
       Z弋ミヾヘヾヽ,,
      辷彡 彡ネ〉ヾヾ〉ハ爪
.    / -=ニ 彡'ナヽ、/`ヾ《ハ
   人ニ三彡  込ツ ヽ  Yヽ
   Y ,ミYヽ      :::..イツ |     じゃあな、やる夫。
    廴ミゝ、    、___ ィ
    ヾミZ:::..      /
     j''  ::::::::::.........  j
  _____/    |:::::::::::r-/
 イ  ヽ    |   Yミヽ、__,,,--一-、
     \ .小  ハヾミ三三ミミ、
       〉、ー- >-ゝ> ミ二ミミミ、
         ヘ:::::::...........:::Y    ハヽヾ〉

ドミンゴ、ロッキー、そしてサンフェルナンド・ヴァレー支部のモンゴルたちと握手をして、出口に向かった。
店の外にはこれから家路につくのであろうモンゴルたちで一杯であった。

336: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:14:58 ID:8z7dZfK.0
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;|l _,;jj  :;, ,. .
ー ┬-、ヾ::_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ ,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_||l _,;j{             ,.  ´ ̄` ヽ::. .  :;、  .
\|/\ヾ:, _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;jj    .:    :; .. / / ̄| ̄\ \
 ̄| ̄ ̄| |,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;;||l_,;j[           / /ミ≧(())≦ミヽ ヽ、
_|__|_|_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;jト、        .[二]ニニニニニニ[二]゙  ;;:'
  |    | |,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;;||l _,;j|  :     .  i|≠| | | | | || | | | | i|≠|
─|──|_|_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;j|:.         i|  |_|_|_|_|_||_|_|_|_|_i|  |::.    :
_|__| |,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;;||l _,;j} : ,;;  .;   i|  | | | | | || | | | | i|  |
コニコニコj_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l _,;jl           .i|  |_|_|_|_|(||)|_|_|_|_i|  |   ;: . .
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;_;;;||l_,;j|`      .:;;'  i|  | | | | | || | | | | i|  |:.
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l__,ir、____,,,,__,,i|  |_|_|_|_|_||_|_|_|_|_i|  |_,,____,,,,
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_;_;;;|ll_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_,.i|  |_|_|_|_|_||_|_|_|_|_i|  | _,;j_ _,;j_ _,;j_
_,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _,;j_ _;;||l_,;j_ _,;j、_,;j_ _,;j_ _,;「 ̄|ニニニニニニ「 ̄|j_ _,;j_ _,;j_ _,;


          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \   (さて、帰って報告書を書かないと…。ん、あれは?)
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

338: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:16:09 ID:8z7dZfK.0

                     r-- 、__    /ヽ
                      ̄ `"─>ft三rγ ヽ
                       , ─ rメf巛::: ∟ヽ
     _r⌒ ヽ_, - 、__        r/ / ̄\\/ヘ .\___
     ヒ>>、_ ゝ、三三 ヽ‐- 、.. //  ヽ__/ヽ \f´-=___\.
     // {::::::::`i   ` ─ = 、_::/_____ノ∧/ヽィ-;f ̄ ̄ ̄`ヽ_i
    //´ ゝ、::::ゝ __ __ √::::!三!ミY:_-:rl!/ iヽ.:"、≡、 ____
    `´ , ´;;三三r==、、:::\V!::::::::::/三-ミ/#/://   \\:ヾ´::三三三;;;;ヽ
      /;/!  ̄/ヽ\;;:\/| !=-/r=-メ=='イ    イ ヾメlj/ |  / \::\
    /;;/∧|, -/、/ヾ===ゝ\f´ ̄ ̄)r-<イ    /::/∧ヘメヽ,_j_ / ./ ヾ;;;;、
     !;;;! |/! r '  ̄二二r─ィゝ[oゝ-ナヽー〈!     !:::! !_ヾ\fr--/i___.j!;;;;;!
    !;;;! !/ニヒ三=j!:;;;;!-‐ "`====="ソ     .|;;;;! ! ̄! ヽ:) )三1__i!;;;;;;!
    ヾヽヽ/_| \/;;;;ノ     \!,           !;;;! !/ ゝ_j1=≡メ 、 j! ;;;;!
     \ヽ==´;;;;/       \_        ヾヽ\/ ~| ̄ \_,/;;;/
       ==="                    \\ヽ-!──'/:;;/
                                  ゞ;;;三三三;;;/


            ,  -‐‐…‐‐-  .
          /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :`ヽ
.       /: :: :: :: :: :: :: :: :〃「∨|ヾ: : }
    /:.:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :ゞ,!___」ノ:_::ノ
.    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :: ::_;: ::-‐: : ¨ ̄: :: : \
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イァ‐ ,.へ _‐―‐‐xェ一'
   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ィ=守i  " ≧tラ^{ )チュ}
    ` ーァ爪てヾミ  {    '´'. { |
      川込_うミ  ヽ   ,. 、) !
     (、_川i∧ jミ    ,.ィ彡ミメ〈
     冫少   、キ   } 〃こ二7/`
    彡ヘ、   込、 `  '⌒ ,′
  _/: :: :{ :` ‐ .,__  >x、   ,リ
<//ヽ : :: ::.:.:.:.:.:. :`;: : ::‐―〕¨´
: : \/∧:_::_::_::_:: :\::', :: :: : :l>- ..,,__


                      /   /::::://O/,|      /
                       |''''   |::::://O//|     /
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┐ |::://O/ ノ   ヾ、/ キュ
           |          |__」 |/ヾ. /    /
           |          ヽ___ノ / . へ、,/
           |            /  { く  /
           /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .!、.ノ `ー''"
           /            //   /
         /   1728TZ2 3476C′   /
         /                    /
        /   _____     /
       /                  /
     /                  /
    /                    /


歩道へ歩いて行くと、レッドドッグがなんと私のハーレーの脇に立っているのが見えた。
こそこそなどしていなかった。
ペンと紙を持って、私のバイクのナンバープレートの数字を書きとっていたのだ。

339: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:17:02 ID:8z7dZfK.0

        / ̄ ̄┛┗  ピキッ
       /   _, ┓┏\
     /   ‐=・=‐ ‐=・= \   (レッドドッグの奴、本格的に俺を疑ってるな)
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

彼を避けようとしていると思われたくなかったので、私はそのまま自分のバイクに向かった。

340: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:18:55 ID:8z7dZfK.0
            _  -―-
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        x≦.:.:.:.:.:,. -‐…‐-ミ.:.:.:\
       /:.:.-‐- '".:.:.:.:.:.:.:.:.:: : :: `丶、_\
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :ヽ
      {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :}
      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        ソ:、:.:.:.:.:.:.:.Y´/vヘ`Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
     ー=彡\¨ニ=-∨___∨--‐‐ァ爪》
       イ彡《 \: :: :: :: :: :: :___∠ 》乂i}
      八从{  ≧=ァう不ゝ’=彡ル川リ
        ゞ,:{ヽ   ノ{ }ハ    ノイ仆"    てめぇの正体を暴いてやるからな。
         ''|、} ___,< } レ)、ー=ィ〃|《
          | ヽゞz彡辷冬≧ノ,ノ ト、
          ノ| ∧ >一`¨〃イ  |  \ー- _
    x=水フ´ |  込 _こ__ノ /    }、  }:: :: ::
  /ニニハ  /|  ∨ 7 7  /    i ヽ /: :: :: :

レッドドッグは私が来たことに気がつくと、顔をあげてわたしをあけすけに睨んだ。
人家のごみ箱を漁っているグリズリーみたいだ、と思った。
彼は私の方へ数歩近づいて、語気強く言った。

341: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:19:43 ID:8z7dZfK.0
                    / ̄ ̄\
                   /       \
            .      /_ ノ  .ヽ、_ .   \
                |(●)  ( ●)     |  (やっかいな野郎だ、くそ……。 ん?)
            .     \(__人__)     /
       斤!            '      ヽ
        Yl    _  , -‐ '"        ハ
         !ハ ァf’     _,  <       ハ
        /二ニ>-く ̄ __ __,)       ヽ_  -‐ ニ二ニ≡ニニ>:、
        /ハ __/>〉'´ >‐─ '     > '"     __ -ァァ斤ァ⇒くハ
      ∧二フに)く   〃        /  ,ィfくr< ̄     ノ二ニハ-' 几人
      !く←‐‐ '  l  {l      __/ <ハハハl  _ , r<二三三三弐フー'
      マ  , -―く〉__ハ     广フ――ォヘママlr ' lマニニニニフ人  ヽー―ァ
     ィ7‐く弐弍ミヽマ:ハ     マフラ「彳彡クNl!:::::人,jニ斗 '"¨   \  マ厂
   /l:∨ ハ___ 彳ノ人ゝヘ    マシ:/ィ(r '777!> ' " ̄  ̄ `
  / /7:/f'7 (`マニ'彡'T77_(ハ   l,ヘ\」l{:く//  ィニニ>   \
  ハ/ ハi]ハ人 ヽ_}TT!く人__l,ノ マー' /7广T7  /        ヽ  ヽ
 :! l 込フ   >  二二ー―( _  ィ^ヽ://∧ lハ /    ニニ、  ハ
  _   /  >―-く二二フクlア7ァk!:{ ∨  ハ   〃   ハ   l{    l
  マ ー '"  /    ` ̄ ̄`ー┴┴'^ー┤  l|   {l  o ) !   l {
  ` ‐- '"                  !  !ハ   マ   :ノ   :!ノ   l
                            マヽ         :/
                            ヽ   __   :/   /
                          \      ̄
                                 _

              ______
           /::::::::::::::::::::::::丶
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        r ⌒:::::::::r‐‐‐ 、:::、:::::;::::::::,'
        i:::::::´::::::::::ー―゚′::`:r --v
         ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ゚ー/
         >:::::::::::::::__:::::::::::::::::__>リ
        /::::ヽ:::::::::::::‐--- 、::::::/
       ./::::::::::::ヽ:::::::::`  ̄´:::::/
       人:::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::/
  _____/::::::i:::::::::::::::::::\::::::::::::/
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー<´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::::::/::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

バイクにまたがってその場を去ろうとした時、もう一人のメンバーが暗がりで私のことをじっと見ていることに気付いた。
頭の中を色々な思いがよぎった。
ひょっとして、連中は実は私の正体を知っているのではないか?
私の家まで尾けてくるつもりだろうか?

342: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:20:26 ID:8z7dZfK.0
         ____
       /      \
     /         \
   /   __, 、 _   \チラッ
   |   ( ●)  ( ●)  |
   \_  (__人__) _/
    /       \
   .ィ⌒ヽ i⌒ii⌒i ィ⌒ヽ
  ((、、、(((\ニニニ/))), , ,))
     _~l |(Θ)| l~_
    (   _.l l ⌒ l l._   )
    \ I |i⌒i|. I /
     ⊂ニUl  lUニつ
        .i___j

私はエンジンを吹かして、フリーウェイに向かった。
前方を見るよりも、ミラーで後ろを見るほうがはるかに多かった。
シコーニーに会うなどという危険は絶対におかせなかった。
あの様子ではモンゴルズの誰かが、後をつけてきてもおかしくはない。
誰がついて来ようが疑われないようにするため、私は連絡を取ることもせずに、潜入捜査官となって借りたアパートへ向かった。
17年も潜入捜査官として働いてきたから、尾行をまくのもうまくなっていた。
車の間を縫い、時には時速150キロ以上出して走れば、かりに尾行が得意な相手でもあきらめる。
そして、アパートに着くころには誰にも付けられていないことを確信していた。

343: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:22:00 ID:8z7dZfK.0


             / ̄ ̄ ̄\
           /u      .   \
         /(─)  (─) u  \
         | ⌒(__人__)⌒     |    レッドドッグめ……。厄介なことにならなきゃいいんだが。
         .\  ` ⌒´  u  /
          / ̄  ` ̄´    ̄ ̄)_
        / //       /'/ /  ⌒l
    _____./        ∧し'|;;;;;;;;;;;;|
  l'⌒゙l  /⌒ ヾ ../⌒ l\_..|'⌒゙|;;;;;;;;;;;;;|
  |  |─/  /─‐/  /─- |  |;;;;;;;;;;;;;|
  |  | .ノ_  /   ノ_  /   .|  |;;;;;;;;;;;;;|
  |  i ヘ__ソ   iヘ__ソ    .|  |;;;;;;;;;;;;;|
  |__|_ ̄_____ ̄______|__|;;;;;;;;;;;;;|

バイクをカーポートに入れて、階段を上がって皮のジャケットとブーツのまま、私は崩れ落ちるようにソファに身を投げた。


続く。

344: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/09/28(土) 23:25:03 ID:8z7dZfK.0
投下終了です、お付き合いいただきありがとうございます。
前々回の安価キャラ“真島の兄さん”は、もうちょっと先の話で出る予定です。

345: 名無しのやる夫だお 2013/09/28(土) 23:25:07 ID:ssxb38Ik0
乙。

さすがに、潜入捜査官なのに本来の自宅から通うほど間抜けではないですね。

350: 名無しのやる夫だお 2013/09/28(土) 23:59:26 ID:OKXF08Oc0
乙ー。
潜入の様子は読んでて胃の辺りをキュッとつかまれるような感覚になるけど、
先が気になって仕方がない……!

351: 名無しのやる夫だお 2013/09/29(日) 04:52:02 ID:K3Do9OAc0
なんでモンゴルなのに辮髪なんだろう……
乙!


NEXT⇒

やる夫はATFの潜入捜査官のようです 目次

転載元
やる夫はATFの潜入捜査官のようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1377512116/