1: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 19:15:16 ID:ZAreei560
                                                           ゞ 井三-≡雪
                                           -″玉雨画鐘玉‥水醸蠶鐘議驚八
                                    一∞手曲議!中敬醴心‥空蠶蘭木-感夢    一敬鬱蠶蠶字″一二″
                                  °過買鐘醴醴手    魔Тへ躍鬱      ♂悪″=響醴響気買魔Т八譲時上ハ∴′
                        ′°永陽璽過Т‥乙醴蠶醸    璽上≡蠶画            時醴勇      過玉″∞醴響醸手′
                        ‥命蠶顧議顧醸大!顧空魔感-譲木上醴雨  糖漢葉感総艦醴        空過″日蠶上糖
              ′″        顧魔      曲臓个漢気中蘭ぬ感欲∫臓時  勇°腕醸太醴欲        悪夏!鐘謝         
              ′-字響    魔顧       臓新土陽  曲顧漢糖‥空雪      鐘曲ハ醴太      大醴日太臓          ‥С総驚鐘土
             Т腕醴顧ゞ +顧醸         勇艦二蠶    露醴醴Т÷腕ぬゞ 手醴空-驚夏     醸裏一鐘総          Т臓臓漢空鐘木
              二艦醴醴空‥曲鬱        過鬱べ顧手-ぬ醴醴鐘過=謝夢悪井感″永醴漢新躍臓勺手魔=″′°″‥心醴宇″″水感
          空∴°玉醴買蘭三二襲時      勇臓べ驚醸買心全土个へ″°‥′!心′‥空顧襲漢新大臓糖-″‥手勺漢水魔空‥°手醸曲裏
        勺蘭+°一響曲欲響÷木臓※    魔曲日欲べ                          ′″-‥-時糖醴葉-÷買感敬曲-木魔永ゞ 鐘葉∞二
′″°子顧醴雪ハ″ぬ鬱  雪腕一土鬱陽蘭議∫                                          大譲雪鐘永欲顧べ″°仲蠶∞中一感中愛
′ハ愛蠶醴醴醴顧山-裏漢  艦敬玉敬八上ゞ                                              ′-空水画玉鐘一′″Λ蠶乙″°土好べ
″夢空  八璽糖感蘭漢雨蠶    蘭気Т                                                         ″-∞″願山°÷宙裏‥
二醸Λ    +議新  悪醴醴夏永木‥″                                                                  宇鬱襲鬱醴日°
上露気気漢″∫糖宙    驚画÷°′                                                                    八敬命火°″
″≡葉雪宇″°一鐘曲
              上鬱買Λ
              井愛-′

原作:「潜入捜査官 全米一凶悪なバイカーになりきった830日間」


基本的に原作準拠ですが、一部にオリジナル改変が含まれます。ご了承ください。
>>1は初心者です。温かい目でご覧ください


前作 やるやらは銀行を襲うようです(完結済)
URLhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1372169277

6: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:01:23 ID:ZAreei560
投下開始します


やる夫はATFの潜入捜査官のようです  “第一話:情報提供者”

7: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:03:43 ID:ZAreei560


                      ____
                    /      \
                   / \    / \
                 /   (●)  (●)  \
                 |      (__人__)     |
                 \     ` ⌒´   ,/
                  / ̄                ̄ヽ、
   ,,--、.       ./                       l
 ,‐"   ゙ヽ     ./  ./ヽ          /ヽ    l
 |    ヽ,, ゙、    /  ./  i,,-ニニ、 ,‐ニニl、! |   l
 |    ゙'''‐=ヽ、/  ./  /.|'''"   | |'"   '|゙、.゙、   |
  ヽ、,,__,,,,-'". ゙''/=.、/  l/=.| ,,-''-‐ニニヽ、ヽ |ノヾ,  |
        ,-'''',,ニヽ、,,,,,|、/ゝ/" ̄ ̄ヽ、\/ヽ,/|ニ二''ヽ、
       /‐''",,  /ll",,,,l,|]"//l、川 | | ll ヾ,|,[|'''ヽ ̄"'ヽ、|
      / ,, l l、 ,,‐'',,,=ノ、"| |l l l| ''" ll ll| |"ヽ[‐-、 | / ヽ
      |、ヽ ヽ'''"-''"ヽll  ゙'|、l、 l l----、/ //|、,,,‐、゙ヽ,,ヽ" ノ ノ、
     ヽ-/-'"'""'," |||  |,,ヽ\"| l,,,l /ノ,」  |||゙゙', ゙ヽ、、'-'
     =,"'"    /  |ノ  | ||゙''ヽニニ‐''"l| |  ヽ|  ゙,   ヽ、l
           |   |__  ,l--─,='''''''=──、 ,,,l,,,  |
           |  (" ,)[|   (( 3 5 ))   |](,  ,) |
           ゙、  ゙"、 ヽ三三───‐三三  /''"  |
            ヽ   ヽ ,ニニヽ     ニニ、/   /

一カ月後、私はパサデナにあるローズ・ボウル・スタジアムへ向かって走っていた。
シコーニーの言っていた情報提供者と、そこで落ち合うためだ。
すぐさま任務に取り掛かるため、局の車ではなくバイクに乗っていた。

8: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:07:22 ID:ZAreei560
                     r-- 、__    /ヽ
                      ̄ `"─>ft三rγ ヽ
                       , ─ rメf巛::: ∟ヽ
     _r⌒ ヽ_, - 、__        r/ / ̄\\/ヘ .\___
     ヒ>>、_ ゝ、三三 ヽ‐- 、.. //  ヽ__/ヽ \f´-=___\.
     // {::::::::`i   ` ─ = 、_::/_____ノ∧/ヽィ-;f ̄ ̄ ̄`ヽ_i
    //´ ゝ、::::ゝ __ __ √::::!三!ミY:_-:rl!/ iヽ.:"、≡、 ____
    `´ , ´;;三三r==、、:::\V!::::::::::/三-ミ/#/://   \\:ヾ´::三三三;;;;ヽ
      /;/!  ̄/ヽ\;;:\/| !=-/r=-メ=='イ    イ ヾメlj/ |  / \::\
    /;;/∧|, -/、/ヾ===ゝ\f´ ̄ ̄)r-<イ    /::/∧ヘメヽ,_j_ / ./ ヾ;;;;、
     !;;;! |/! r '  ̄二二r─ィゝ[oゝ-ナヽー〈!     !:::! !_ヾ\fr--/i___.j!;;;;;!
    !;;;! !/ニヒ三=j!:;;;;!-‐ "`====="ソ     .|;;;;! ! ̄! ヽ:) )三1__i!;;;;;;!
    ヾヽヽ/_| \/;;;;ノ     \!,           !;;;! !/ ゝ_j1=≡メ 、 j! ;;;;!
     \ヽ==´;;;;/       \_        ヾヽ\/ ~| ̄ \_,/;;;/
       ==="                    \\ヽ-!──'/:;;/
                                  ゞ;;;三三三;;;/

                  イメージ 

私の乗っていたバイクは、まさにバイカーのためのバイク。
そういって過言ではなかった。
ハーレー・デイヴィッドソンFLHTC、エクストラ・グライド・クラシックをチョップ(※1)したもので、何もかもが特別にチューンナップされたものだった。
このバイクは、ATFの特別対応チームの養成課程で一緒だったスティーヴ・マーティン特別捜査官の物だったが、この任務に就く前に
私の私物のバイクと交換させてもらったのだ。
マーティン捜査官はATFに入局した初期に、このバイクに乗ってフロリダのウォーロックスM.C.に潜入捜査を行い、数多くのメンバーを連邦法違反
で刑務所送りにした。
彼はこのバイクを任務達成の記念として、ATFから買い取ってたのだ。
だから、私はこのバイクが自分にも幸運をもたらしてくれることを願い、彼からこのバイクを借りうけたのだ。

※1

別名:チョッパー
70年頃、アメリカで流行したハーレーの改造法。
ステアリングヘット部分を切り離し(チョップ)、角度を付けて溶接しフロントフォークを寝かせた改造のこと。

実際に彼が乗っていたバイク

9: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:10:05 ID:ZAreei560

          ____
        /      \
       /   ⌒   ⌒\
     /    (●)  (●) \    入力完了、っと。
     |     ⌒(__人__)⌒  |     _________
     \       ` ⌒´   ,/    // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
___/           \   .//               /
| | /    ,           ヽ //      ATF     /
| | /   ./                //              /
| | | ⌒ ーnnn . _____//_,_,______,_,_/
 ̄ \__、("二) .`――――-((」II.IIニニニニニニエ!

今にして思えば不思議なことだが、当時私はその計画をあまり大げさに考えておらず、どうせまたいつも通りの潜入捜査をやるだけだ、と思っていた。
本格的な捜査のとっかかりを掴むだけの、危ないブツを買い付けたり、音声や映像を記録することもしない簡単な仕事、要は基本的情報収集任務だ。
この初期の段階では、別々の支局で働いていたATF特別捜査官であるシコーニーも私も、直接の上司から指示を受けていたのだ。

10: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:11:59 ID:ZAreei560

作戦現場における指揮系統は、以下のようになっていた。

支局長【SAC】
 │
 └→ 支局長補佐【ASAC】×2
     │
     ├→ 専属指揮官【RAC】
     │   │
     │   └→特別捜査官(現場捜査官)×6~10
     │
     ├→ 専属指揮官【RAC】
     │   │
     │   └→特別捜査官(現場捜査官)×6~10
     │
     │


特別捜査官(現場捜査官とも)は、所属する班の指揮官(RACと呼ばれる専属指揮官)から直接指示を受け、指揮官は6~10人の現場捜査官を監督する。
RACのボスは支局長補佐(ASAC:アイサック)で、当時のロサンゼルスには支局長補佐は二人おり、特別捜査官が構成する班を半分ずつ預かっていた。
その上には支局長(SAC)がおり、支局長はメキシコ国境からパソロブレス(※2)北端までの南カリフォルニア全体を統括している。
勿論ながら、特別捜査官より上のメンバーはATFのオフィスから捜査の現場に出ることはない。

※2
アメリカ合衆国カリフォルニア州南部サンルイスオビスポ郡の都市。正式名称はエル・パソ・デ・ロブレス。

11: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:13:40 ID:ZAreei560

          ______
         /,──,─‐ -、 ,二二二二二二二二ニ ─ - =ニ、
.         //   l    |l. |         `ゝ    ̄ ニ =- \
       // .    l     l! |         [ 二]          .\
  __.//.      l      l!.|                     .∨
 /   7 `= - =ニ l      l!|                      ∨
. {    |      / `` ‐-ニム!` ────────────── -マ          ___
.ハ     |    .  |       / `` ‐ - =f⌒Y                `マ--ニ二     {_ ノ
 .l  r=、     l.        ,'        ̄`ゝ、                     `` ‐- =z//
. ∧ l ./~∨ .  l  .      l           `7ー ───────────────‐ `ミ 、
  N l  ',   l      l           / r─────────‐、 r──────‐‐ Y
    l  .l_   l      l  ,イ ̄ ミ     l  f    .}三三三三三三三/ .l三三三三三/⌒Y l!
    l  / /ヶ-.l      l ./ / ⌒ヽ∨   l  ト、__ノ三三三三三三ヲ/ .l三三三三三ト、_ノ /
.    ハ_,'_/   ”ミニ _   .l l./    .∨  {`ー──────────────────一_
             ニ=-.l_ ll      .∨ `ー‐┬──‐┬┬─‐┬────┬─┬┬──┬"
                 l       ∨_   .`ー─一'. |三三 !         |三ヲ .’ー─ ’
                 ∧       l  二..───────‐|________.|────ニ´
                 ∧      .川                ∧/////////.  /
                  .∧_    ,川                   ∧///////. /
                    .ニ=一='- '                  `ー‐‐一'''”
                       イメージ

待ち合わせ場所の駐車所には、すでにシコーニーが待っていた。
彼は自分の愛車である、ポンティアック・グランダムに乗っていたのだが、正直にいえば、彼の運転は荒っぽいところがあった。
私は信心深いほうではなかったのだが、彼と乗るときはいつも、こっそり自分と罪の無い歩行者のために祈っていた。

13: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:19:21 ID:ZAreei560

          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \     待たせたかな?
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `



    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |
  |     __´___ノ   いや、そんなたいして待ってたわけじゃないさ
  |     `ー'´}   まだ時間がある、少し待とう。
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |

シコーニーと待っている間、私は今後の作戦について深く考えていた。
彼は情報提供者について多くは語らなかった。
代わりに私が聞いた情報は以下の通りであった。
その情報提供者は、ロス市警に電話してきて潜入捜査官を喜んで紹介するといったらしい。
担当した刑事に事情を聴くと、その情報提供者があまりあてになる人物ではないことがよくわかった。
彼女がモンゴルズを裏切る理由は、自分の友達にひどいことをしたとか、全財産を盗んだとか、死ぬほど痛めつけたからなどではなかった。
ただ単に、クラブがその友達を良き家庭人から荒くれ者に変えてしまったから、だという。
だが、それは本人が望んで生き方を変えたいと思ったからであって、彼女がとやかくいう筋合いはないように思えたが、彼女は終始自分の勝手な言い訳に固執していた。
勿論、我々にはそんなことはこちらにはどうでもよかった。
なぜなら、自分たちはもっと崇高な理由で彼女を利用するのだから。

15: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:34:51 ID:ZAreei560



               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |   そういえば、今回の情報提供者は女性だよな
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ


      / ̄ ̄\
     /    へ  \
.     (● )(● )   |
.      |  |       |
      | ___`___     |
.       | `ー '´    |    あぁ、声の感じじゃけっこう若い感じだったな
     ヽ      /
        ヽ     /
.         >    <
.      |     |
.      |     |


法執行機関に関る業界には、こんな言葉があった。
『連中はいつこちらに小便を向けてくるかわからない』。
だが、その情報提供者の女性、スー(仮名)に会うまでどこまで危険かは全く分からない。

16: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:36:17 ID:ZAreei560

                     .  -―‐-   .
                 /.  -‐…‐-\ ..:丶
                ,. .:,イ> ¨ ̄ ̄¨ \ ヽ_
                  /_:/´.;l    :',、  .:ヽ .':, :'Lミ>、
               /ミ/ .:/ {\   ':,\./´.:.} ',ミヽ/_
             _<ミミ′ !'..:! 、 \ .:.:,X.:\.:ヽ| : :lV´\\
          //`<ミl :!.:l ';{`ヾ  \:',. ,ィ≦ミX i | .:,. \\
         // / //l..:',:V 示ミ.   ` {:c:ri′l l) i:,.  \\
          V´ / .://..:ヾ、`ゞ 'cッ      ´¨¨l .;.:i i.:|:′   } /
              /.; : ´i }ヽ  ∧¨´  _′ャ   ; .:,   :l.:| .:,   ´
.            /.:,{ :i ',.:| l :l :':..,  ヽ _ ノ  ./.:/.:.:.:/i.:ト、:′
           / / i :l :| } L_ ヾ_  ≧x-  <′′.:/ j.:l リ
            {/  {.:ト、:j/ ̄`V /.:.:.:.{ノ___/ノ..:}`丶.」/_
         . -< ̄/ 、二}. V;i.:.:.:.: ', ..:..:/´..:.. i..:..:..//.:/⌒ へく`丶
       _∠. __.  V  マ´ノ`.',', .:.:.:.:r ¨¨¨ V..:..://.:/ /::::::::::ヽ
.  . -=ニ二 -‐  ¨`´  //、',.: ',', .:.:.: !´  ̄ `′ //.,.' /:::::::::::::::/ .>、
. /          _ .  <「`ヽ._V\ヾ.:.:.:.:l..:..:..:./ ..:.//.∧_l::::::::::::::/ / \
..{       -‐< _ノ / ¨´  l.   \\.:, ..:./.:./´,   i {::::、:::::::{/    _ \
 `¨¨´        ̄ ̄      .ト、    \ゞ-'/      , `¨` ー'し > ´    )
                  l.       <水>     /      `/     /
                      }   /ミ∧ミ\  /      /    ./
                     ノ   ヾミミ/′V}ミミ} く.    /     ./
                 く - 、 /ミ/ - 、 lミミl /.  /   ..  '
                     `}三'ミ/ 三三 jミ/ニ{ /  ,  ´
                   /..:/ミ/ .:..:..:..:.. l/..:}..:X  々  .、
                   /..:..://..:...:..:..:..:./..:..:l..:..:.ヽ  ヽ.j l
                  /..:..:/´..;/ .:..:..:..: /..:..:..:l/..:..:.ヽ v ´」
              ,...:..:..´..:../..:.// ..:..:...:..;/..:..:/l..:..:..:..:..:.}ヾ 、j


―――――――――――――― 想像図 ―――――――――――――――――――――

               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \
          /   (>)  (<)  \
            |      (__人__)     |   女性の情報提供者なんて珍しいよな
          \     `⌒´    ,/   まぁ、バイカー連中ならありえなくはないがな
          /     ー‐    \

そしてそれから数分後、へこみだらけで汚く汚れたピックアップトラックが、私たちの乗るポンティアックの隣に止まった。
私は、その時あまりまじめに考えていなかったが、その女性はきっと良心の呵責にさいなまれたキュートな“バイカーおたく女”だと思っていた。

17: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:37:55 ID:ZAreei560

           ;,. - ── - 、;
       ;r'つ)∠───    ヽ;
     ; 〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__r 、 \;
    ;,.イ      ,イ    \ヽ,\rv-,;
    ;イ    /{ { ヽ、ト、  \Y <ノノ\;
    ;{  .ト{\ヽ',  メ __\  } ⌒ヽ }へ;
    ; ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、ノ   // >= ;       あ、あんたらがATFの捜査官なの?
     ;ノ  ト、"´,.     ー ノ ///\/ /    \;     よく来てくれたわね、あたしがスー(仮名)よ
   ; /.  {   ゝ     /  レ//  } Y´      \;    これで漸くの連中に仕返しができるってもんよ!
   ; {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TTア⌒>、_    \;
   ; V{   \ └ ´  / ,.イ/  /ll |   /≦__    };
     ; V{   >ー┬|/  ! ,.イノ || |  /   ̄ ̄ ̄  /;
      ; リヽイ|   /:| l _|' '´  || |  |     _/;
       ; /{{ |   |===|    || |     _/;
       ;/し|| |   |== /   // |   /,.イ;
     ; /  ヽヽ  l==|  / /     l;
     ;/    イ\  \=|  ///     〃;
    ;〈  ≧ー <  ミ  ヾ| //        ト;
     ;\    \ \ >∠、     /\;
      ;\    \ <〆ハ ゝ  _/   \;
        ;{  / ̄> X~ヾ´ ー'´       \;
         ;</⌒Y         \     ',;
          ; \/        ノ   |     ',;
          ; /       / /  |/    ト、;
            情報提供者:スー(仮名)


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /( ○)  (○)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・

理想は粉みじんに砕け散った。
トラックから降りてきたのは、まっすぐ立つことも口を閉ざすこともできない、体重90キロはありそうな色あせたブロンドの“トウィーカー”であった。
トウィーカーというのは、捜査機関の用語でメタンフェタミン常用者を指す隠語である。
メタンフェタミンは、1893年に日本の薬学者が作った覚せい剤であった。
その生理学的影響がどのような物かは、私はよく知っていた。
恐らく……スーの場合は元々あまりきれいではない容姿が、メタンフェタミンによってさらに悪化してしまったのだろう。

19: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:42:42 ID:ZAreei560

                       ペラペラペラペラペラ
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \     シコーニー?
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


                       ペラペラペラペラペラ
       / ̄ ̄\
      /  へ    \
.    (●)(● )  u. |
     | |   u   |
     |___`___     |     ……そういうことだ
       {`ー'´       |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \

彼女がベラベラとまくし立てている間に、私はシコーニーにうなづいてみせた。
このままモンゴルズのたまり場である、バー<ザ・プレイス>のあるタハンガ地区まで一緒に行き、そこでシコーニーと一旦別れ私がスーをバイクに乗せて<ザ・プレイス>までいく。
何のことはない、ただそれだけのことだった。
つまりは最初から計画はなかったも同然だったのだ。
それにしても、モンゴルズたちの酒が飲めるたまり場が“ザ・プレイス”(俗語でたまり場の意味がある)とは、いかにも頭が空っぽの彼ららしくおかしかった。

20: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:43:41 ID:ZAreei560

                                                    ,,,
                                             _,,.-ー''''"゙゙"´゙''``'‐.、、.
___________________________________,,.--ー''''''"゙゙''"´``'''"´``'‐''"´ ... .. ..   . ... ...  ``'‐.、,,
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... :::,,,,-‐'゛``'、,,-‐'゛  ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ... ゙゙゙゙''''''''''‐-- 、 ,,,,,__
_,,.--ー''''"゙゙`゙''ー-、_,,.--庁ー''''''"゙゙":;;;: : ;:.............;;;;; ; ::; : ;:; :; :  :: :;... .. ..   . ... ...  .、丶"''':、丶、`丶.'.;';':;:';'::;:';'..::.;';':;:';'::;:'":;;;: :;
i;;ii:i;;i ̄|rニユ l |l i: i:二i, .;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;;:爿|:::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'`,,,,-‐'゛::;:';'; ,.
二.ll.| . 二 ̄ ̄|=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-il]|_三rーilil ̄|─r‐┬||irr-、v冖v":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;: ;: ;: ;:  ; ::;
::;...;;.;;ii:i;;:; :;..; |l巫||、_,|斤il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬|i、_r-lT┐┬il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬r'⌒ヽ'' ,. ,. '' ;';':;:';'::;:';';゙゙゙゙'''‐- 、 ,,,,,__
韭|  |:::.. ..  |巫|il]il]|_三‐┬ lil「l ̄|i、_r lil「l韭l《fニニll ̄'' ;~'',;''゚ ;~'',;'', ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;''゚ ;~,;, ‐''"~ ̄~`''‐ ,.、t''T叮 i¬-、
韭|  |l::;...;;.;.;ii:i韭lllll":;;;: : ;|韭韭|ニニエニニエニニエ : ;:;;';':;:';'::;:';'; ,. '':,.ィ;| ̄冂ilrーilil┬ li┬;:::;:;:;;::::,.‐':;ニ´ィ:爿ヱ;'::;|I|:・:|I-lT┐┬

タハンガはロサンゼルスのベッドタウンで、サンフェルナンド・ヴァレーの北東に位置している、ひっそりとした街だ。
全域が住宅地で、崩れ落ちそうな掘立小屋から、庭にプールがあるような豪邸までが、元々野生馬の生息地だった場所に建っている。
貧乏人から金持ちまでありとあらゆる人間がおり、無法バイカーの予備軍もごろごろしていた。
そのため、警察関係者はタハンガを“ザ・ロック”と呼んでいた。
我々はスタジアムの駐車場を出て、タハンガのフットヒル通りにある“In-N-Out Burger”(※3)の駐車場に移動した。

※3 アメリカの南西部や中部で展開しているファストフードのチェーンストア。
   カリフォルニア州、ネヴァダ州、アリゾナ州、ユタ州南部に店舗を持つ。
   注文時に玉ねぎを入れるかどうか聞くのが特徴。

21: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:45:16 ID:ZAreei560


      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (●)(●) |      (幸運を祈る)
.    |    |   |
     |   __´___  ノ
     |        }
     ヽ       }
      ヽ     ノ
      /    く
      |     |
      |     |



        __
      /    \
    /        .\
   /           \   (任せろ)
   |:::::::::         :::::|
   \:::::::      :::::::::/      ∩
  ,. -‐'´:::::::    ::::`⌒ ̄ ̄, ̄ ̄〆´ )
  ノ :::::::::::::::      :::::::.,__゛___、r  ソ

私はアイドリングしたままバイクにまたがっていた。
シコーニーとスーが駐車場に車を止める。
シコーニーはここで待機だ。
私は彼と視線を交わし、親指を立てた。
が、ここで空気の読めないスーがやらかしてくれた。

22: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:46:02 ID:ZAreei560
                     r-- 、__    /ヽ
                      ̄ `"─>ft三rγ ヽ
                       , ─ rメf巛::: ∟ヽ
     _r⌒ ヽ_, - 、__        r/ / ̄\\/ヘ .\___
     ヒ>>、_ ゝ、三三 ヽ‐- 、.. //  ヽ__/ヽ \f´-=___\.    ガシャン!!!!
     // {::::::::`i   ` ─ = 、_::/_____ノ∧/ヽィ-;f ̄ ̄ ̄`ヽ_i
    //´ ゝ、::::ゝ __ __ √::::!三!ミY:_-:rl!/ iヽ.:"、≡、 ____
    `´ , ´;;三三r==、、:::\V!::::::::::/三-ミ/#/://   \\:ヾ´::三三三;;;;ヽ
      /;/!  ̄/ヽ\;;:\/| !=-/r=-メ=='イ    イ ヾメlj/ |  / \::\
    /;;/∧|, -/、/ヾ===ゝ\f´ ̄ ̄)r-<イ    /::/∧ヘメヽ,_j_ / ./ ヾ;;;;、
     !;;;! |/! r '  ̄二二r─ィゝ[oゝ-ナヽー〈!     !:::! !_ヾ\fr--/i___.j!;;;;;!
    !;;;! !/ニヒ三=j!:;;;;!-‐ "`====="ソ     .|;;;;! ! ̄! ヽ:) )三1__i!;;;;;;!
    ヾヽヽ/_| \/;;;;ノ     \!,           !;;;! !/ ゝ_j1=≡メ 、 j! ;;;;!
     \ヽ==´;;;;/       \_        ヾヽ\/ ~| ̄ \_,/;;;/
       ==="                    \\ヽ-!──'/:;;/
                                  ゞ;;;三三三;;;/


           ,. - ── - 、
       r'つ)∠───    ヽ
      〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__u、  \
     ,.イ      ,イ
   ヾイ  U /{ { ヽ、ト、
    {  .ト{\ヽ',  メ __\
     ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ
     ノ  ト、"´      ー ノ //
    /.  {   ゝ   U /  レ//    ………
    {   ヽ   ー=-  ( /    レ´TTア
    V{   \      / ,.イ/  /ll |
      V{   >ー┬|/  ! ,.イノ || |
       リヽイ|   /:| l _|' '´  || |
        /{{ |   |===|    || |

彼女は古い西部劇のようにあぶみに足を掛けて、鞍に飛び乗るかのように、バックシートの片方のペグに足をかけひょいとバイクに飛び乗ろうとしたのだ。
だが、ハーレーはバイクに疎い人間が見ても重いことはすぐにわかると思う。
特に私の乗る、このFLTHTCは300キロほどの重量があり、ものすごく重たいのだ。
バイクは彼女の重たい尻のせいで片側に寄ってしまい、私はバイクを支えることができなくなり、みっともなく横転した。
大事な情報源と、スティーブ・マーティンの幸運のハーレーが一斉にこけたのだ。
幸先の良いスタート、とは到底思えない事態だった。

23: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:47:39 ID:ZAreei560

               ____
           /      \
          /  ー) (ー  \
        /  ,(●)  (●),  \   ………
        |      (__人__)    |
         \     ` ⌒´   ,/


      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      | u.(● ) (● ) |
      |      | u |
      l U  __´___   l   ………
     ヽ        !
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ

私は横たわったまま、シコーニーを見上げた。
彼は何とも言い難い表情のままこちらを見ていた。
笑いたかっただろうし、面白がったのを謝りたかったのだろうし、よくないことの前触れ出ないことを神に祈りたかったのだろう、とは思う。

24: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:48:48 ID:ZAreei560


                    _____
                  /         \
                 /            \
               /   -一'     ゙ー-   \
                  /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
            /    (   ● l    l ●   )    \     いいかい、スー
            |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |     さすがの俺でも300キロのバイクと君の両方は支えられないよ
            |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |     今度はもう少しやさしく乗ってくれ、いいね?
             \       `ー ─'^ー 一'       /
              \        ー一        /
              /                 \
             /                     ヽ


           ,. - ── - 、
       r'つ)∠───    ヽ
      〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__ 、  \
     ,.イ      ,イ
   ヾイ     /{ { ヽ、ト、
    {  .ト{\ヽ',  メ __\
     ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ
     ノ  ト、"´      ー ノ //
    /.  {   ゝ     /  レ//    ………
    {   ヽ   ー=-  ( /    レ´TTア
    V{   \      / ,.イ/  /ll |
      V{   >ー┬|/  ! ,.イノ || |
       リヽイ|   /:| l _|' '´  || |
        /{{ |   |===|    || |

自尊心とバイクを立ち直らせ、私はスーに6歳児を諭すように言った。
スーは傷ついた表情をしたが、ため息をついて今度は慎重にまたがった。

25: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:50:18 ID:ZAreei560

           ,. - ── - 、
       r'つ)∠───    ヽ
      〆⌒  ̄ ̄ ̄ \    \
    ,.,.イ      ,イ     \     \
   ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \     l
    {  .ト{\ヽ',  メ __\       l
     ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、 l
     ノ  ト、"´,.     ー ノ ///  |        そういえば、あんたの名前は?
    /.  {   ゝ     /  レ//  |
    {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TTア⌒>、
    V{   \ └ ´  / ,.イ/  /ll |   /~\
      V{   >ー┬|/  ! ,.イノ || |  /    \
       リヽイ|   /:| l _|' '´  || |  |      \
        /{{ |   |===|     || |  |       )

スーが突然問いかけてきた。
思わず本名を口にしそうになるが、私は落ち着いて潜入捜査に使う名前を答えた。

26: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:52:39 ID:ZAreei560

         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                \
      /  ―― 、   , 、―― \
    /                    \
   /.    ( ● ) ノヽ  ( ● )    \
  |       ´"''"   ,     "''"´       l
  ..|.        .(    j    )        .|   俺の名前か?
  |.        `ー-‐'´`ー-‐'′         l   やる夫、やる夫・セント・ジョンだお
.  \.          ` ⌒ ´           /
    \                   /
    /ヽ               イ\
   /       ``ー- -‐'"´        \
                               \

私のつらく長い830日間の潜入捜査が、今まさに始まろうとしていた。



続く

27: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 22:54:06 ID:ZAreei560
投下終了です。

29: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/26(月) 23:08:30 ID:ZAreei560
一つ追加。

※フロリダのウォーロックスM.C.
ウォーロックス・モーターサイクリング・クラブ。
1967年に、空母USSシャングリラ乗組員である退役海軍軍人トム “グラブ”フリーランドがフロリダで設立したクラブ。
アメリカの5つの州とドイツ、イギリス、カナダの4カ国に計20の支部を持っている。
モットーは“Warlocks forever, forever Warlocks”

30: 24から短編祭りだお 2013/08/26(月) 23:09:55 ID:lSVNCXls0
乙ですー…
しかしこの投げやりにも近用語の応酬が硬質な雰囲気を醸しているとも言える

35: 24から短編祭りだお 2013/08/27(火) 07:37:25 ID:ecnfgHdY0


NEXT⇒幕間

やる夫はATFの潜入捜査官のようです 目次

転載元
やる夫はATFの潜入捜査官のようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1377512116/