550: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 00:02:22 ID:r2XS93y.0
規制解除されたみたいですね、今夜01:00に外伝2話投下します

551: 24から短編祭りだお 2013/08/24(土) 00:26:17 ID:sy43O2ok0
真夜中の銀行強盗シリーズ乙です

552: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 00:30:00 ID:r2XS93y.0
ちょっと早いけど人いますかね?

553: 24から短編祭りだお 2013/08/24(土) 00:37:35 ID:phMDPo/w0
見てはいる

557: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 00:55:01 ID:r2XS93y.0
見てくれてる人がいる! うれしい! では投下開始ます。



やるやらは銀行を襲うようです 外伝
Case2 エミール・やる夫・マタサレヌ

558: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 00:55:40 ID:r2XS93y.0


                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',               ________   ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨           /            \ i            i i: : //: : : :
      ∨          /                 .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                   l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       |       ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
      l ∨      |      ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .
     ∧ ヽ、_   |        `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :
     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:
    / , '´:∨         `ヽ     (__人__) /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、

1966年7月19日火曜日。
エミール・やる夫・マタサレヌは、ヴァレリア・ニコラスクとヴィオレル・ドミニク・マタサレヌの長男として
ルーマニア共和国西部の都市ティミショアラで生まれた。

559: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 00:56:44 ID:r2XS93y.0

       ____
      / ― '' ー\
    / ( ●) ( ●)\
  / :::::⌒,   ゝ⌒:::::\    偉大なる人民の指導者、チャウシェスク閣下万歳!
  |      `ー=-'     |    (くたばれ、チャウシェスク! 自由万歳!)
  \           /
  ヴィオレル・ドミニク・マタサレヌ

彼の父親、ヴィオレル・ドミニク・マタサレヌは、ルーマニアの反体制派のメンバーであった。(とされている)



     _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
      '、:ヽ:| ヽ|   (__人__) .ノ l.     オペラ歌手に、ウリはなるニダ!
        ヽ lト、   . ´ー-'´/ /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´
  ヴァレリア・ニコラスク

そして、母親のヴァレリアは国立歌劇場のメンバーであった。(とされている)
が、二人はこのままルーマニアに居続ければ二人とも逮捕され、息子は孤児院送りとなるのは明白であった。

560: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 00:58:12 ID:r2XS93y.0

     _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l \  ヽヽ―/l| l    チャンスニダ!
     l:::: l:: lィ==ミ    ィ=={!|   このままこの国から脱出するニダ!
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
      '、:ヽ:| ヽ|   、__ノ、__, .ノ l.
        ヽ lト、    |iliiiilill|/ /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´

そんな二人に絶好のチャンスが訪れたのは1974年であった。
ルーマニアの会社が、イタリアへオペラ興行を行うことになったのだ。
ヴァレリアは夫と息子をツアーのメンバーに加え、監視の緩んだ隙をついて夫と亡命した。

561: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 00:59:21 ID:r2XS93y.0

       ___
      / ヽ '' ノ\
    / ( ● ) (● )\
  / :::::⌒ 、_ ゝ⌒:::::\
  |       -      |    ここが俺達の新天地だ!
  \            /



        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l ノ_ノ_ノ ヽヽ_ノ_ノ| l
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
      '、:ヽ:| ヽ|    (_人__)ノ l   ウリたちのアメリカン・ドリームをつかむニダ☆
        ヽ lト、        / /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´

二人は亡命後、イタリアからアメリカへ移住した。
何も知らない新天地で、アメリカン・ドリームを掴もうと考えたのだ。
二人はカリフォルニア州ロサンゼルス郊外のアルタデナへ移住し、そこで地中海スタイルの美しく大きな家を月額1100ドルで借りた。
祖国ルーマニアとはなにもかもが正反対の地ではあったが、彼らはほどなく定住した。
ヴィオレルは地元のギルバード・エンジニアリング社で働き、ヴァレリアは新しい生活のためにある計画を考えていた。

562: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:01:01 ID:r2XS93y.0

                  -  - 、
                  / (≡ ≡)ヽ
                  (ヽ (_人_)/^)  すごいすごい!
              ヽ     /   庭にプールがあるお!
.                |      |
              .し    J

そして、幼いやる夫は家の庭にプールがあることをとても喜んでいた。

563: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:02:04 ID:r2XS93y.0


               О ゚  。 ノ  、。 ゚  О
             ∩/。◎ ◎。ヽ∩  コイツヘンナナマリダナ!
                弋ゝ (_人_) ノノ  やめてくれお!
                |       |    コノデブヤロウガ、コレデモクラエ!
                |       |
                √ r─―ァ.)
                  ー''     一

やる夫はパサデナのハイスクールへ入学したが、取り立てて優秀な生徒ではなく、目立つこともないごく普通の学生であった。
しかし、やる夫はハイスクールに入学してからずっといじめにあっていたという証言がある。
同級生たちと同じ地域で育っていなかったことや、ルーマニア訛りの独特のアクセントがある英語、太った身体が災いしたのであろう。

564: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:02:52 ID:r2XS93y.0

                  ,  - -
              /  (● ●
              ゝ  (__人)     コンピュータのほうが面白いお
           _( つ/ ̄ ̄ ̄/_
             \/     /

この結果、やる夫はますます内向的になっていった。
同世代の友人たちと遊ぶことはなく、暇な時は家の周りをぶらぶらするか、コンピュータの雑誌を見ていたという。

565: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:03:26 ID:r2XS93y.0
    .r-、 _00           /::::'┴'r'
    .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
    .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
    . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
    、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
    . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
            _____
          ┌<二三三三三≧
          ∨三三三三三三7
         ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
.       r==ニ二ニ三三三三三二≧
       `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
        /:: /:: | !|゙\::.、 \:. :.ヘ
        |::. i::.::.: l   ノ_ ヽ,,  ト、ハ
        !::.:|:.:.从 ≦゚≧ミ:≦゚≧トN
.          |:.(|:.⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃i/   ウリにかかれば楽勝ニダ!
          '、:ヽ:. :.!   |r┬|  j:|ソ   ぼろもうけニダ!
           ヽ ヽ:|>、 `ニニイ!//
.            ( ⌒ ){i <,!トゝ `l( ⌒ )

1983年、ヴァレリーは発達障害者の介護資格を取得した。
ヴァレリーが考えていた計画は、自宅の一部を介護施設に改装し、介護施設を経営することであった。
後に、彼女が“ヴァレリーのヴィラ”と名付けた介護施設には、6人の男性の患者が入所していた。
彼女は患者たちから月1000ドルから4000ドルの介護報酬を得ていた。
やがて、彼女はやる夫にも手伝いをさせたが、後にやる夫はこの施設に入所している患者を殴りつけ、訴えられることとなる。

566: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:04:30 ID:r2XS93y.0

      /_ノ '' ⌒\
    / ( ● ) (● )\
  /        ゝ     \         おいおいおい、なんで俺に相談もなく勝手に施設なんか
..  |      ‐=‐     |
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |

が、夫ヴィオレルは、この妻の介護施設計画に反対であった。
元々大きな家を借りようと提案したのはヴァレリーだったが、自宅をこんな事に使うと知っていれば、彼は反対していた。

567: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:07:22 ID:r2XS93y.0

        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
     l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|
     ';:::l ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !
      '、:ヽ:| ヽ|    (_人__)ノ l     安月給のくせに稼ぎ頭のウリになんて言い草ニダ!
        ヽ lト、      ` ⌒/ /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/       ナンダト、コノヤロウ!
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´
            /: i_lil__|:i

二人はこのころから夫婦喧嘩が絶えなくなった。
だが、二人は離婚せずにそのまま夫婦として暮らし続けたが、夫婦仲は完全に冷めきっていた。
夫婦生活にとどめを刺したのは、97年のやる夫の死であった。
やる夫の死後、ヴァレリーは施設の入所者を虐待していたとして逮捕され、施設は経営破たんし閉鎖された。
そして、ヴィオレルとヴァレリーは離婚。
ヴィオレルはマスコミに祖国ルーマニアへ帰ることを仄めかしていた。

568: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:08:16 ID:r2XS93y.0

         /       \
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |    介護なんてくそ喰らえだお
      \       ` ⌒´  ,/     やる夫はコンピューターの勉強がしたいんだお
      /      ー‐   ヽ

1985年、やる夫はポモナにあるデブライ工科大学のエレクトロニクス工学科に入学した。
やる夫は興味を持っていたコンピューターを極めようと考えたのだ。
やる夫は在学中に友人を作り、バイクに興味を持つなど普通の学生生活を送った。
そして87年、21歳で電子工学の学位をとったやる夫は、大学を辞めてコンピューター部品の小売業を中心とする会社を立ち上げる。
納税申告書もきちんと書かれていたため、初期のころはそれなりに成功していたとみられている。
が、彼が強盗を生業とするようになると、単なるペーパーカンパニーと化した。

569: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:11:52 ID:r2XS93y.0

       ___
     /~~~\
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::( ((__人__)))::: \
  |     |r┬-|       |    あれは……やる夫君かの?
  \      `ー'´     /     銃なんか持ってあぶないのー

やる夫が銃に興味を持ち始めたのは、少なくとも大学のころからだと言われている。
近所に住む80歳のウォルター・ケネディは、やる夫が同年代の友人たちと、玄関先で銃を見せびらかしている姿を何度も目撃していた。
そして母親のヴァレリーは銀行強盗事件後、インタビューにこう答えた。



   γ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 (:::::::::/―   ―   \:::::::)
 \:/(●)  (●)    \ノ
.   |   (__人__)       ,|
   \  `⌒´     /
    /         \
  往年のヴァレリー

“息子は銃を愛していたし、それが趣味でした。”

570: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:13:27 ID:r2XS93y.0


        ___
       /   '' ノ\
     / ( ● ) (● )
    / :::::⌒ 、_ ゝ⌒ \      おい、やる夫! お前最近仕事もしないで何を遊んでやがる!?
    |       -     |
    \         /


            ____
          /― ― \
   rヽ     /(●)  (●) \
   i !   /   (__人__)     \
  r;r | ヽ |    ` ⌒´      |   うるせーんだお、クソおやじ
〈     } .\           ./   テメェ、オヤニムカッテナンテクチヲ!
 l    /  /           \
 ヽ   l /              \


そして、家族の不和はやる夫にも容赦なく襲いかかった。
ヴィオレルとの口論は日常茶飯事となった。
彼はやる夫に大学に戻って卒業して、しっかりとした会社で仕事をするように熱弁をふるった。
やる夫にとってみれば、そんな親の言うことなど小言以外の何物でもなかった。

571: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:14:19 ID:r2XS93y.0

             /       \
            /   ─   ― ヽ
          /    ( ●)  ( ●)'
          |        (__人__)   |   さて、今日も一日しっかり鍛えるかお
          \       ` ⌒´  ,/   ん、あれはたしか……
   ,,,,,,,....  _,,. ''"´  ゞ      `゛' .,,_ __....,,,,,,,
 /   /""  ー‐---、  /ー‐---  "''ヽ   ~ヽ、
./ ヘ /  ソゞ       Y        ゝヘ  ヾ  ii
i ミ Y   〆ミ       ミ|彡       三ヽ  ソ /i
ヽ  人   入___      水         》  ノヽ/
 丶ヘー ヽ_三    __彡|ゞ,,__      /ゝ'   | |
|ヽ  ||    |ー―┬ーー''""''''''ー┬ー--‐/|   ヽ、 |

1989年にはいっても、家族とのトラブルは絶えるどこか激しくなる一方、仕事もあまりうまくいかなくなったやる夫は荒れ始めていた。
このころから、彼は自宅から90分の場所にあるゴールド・ジムに通っていた。
そして、彼はそこである人物と出会う。

572: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:14:43 ID:r2XS93y.0

             / ̄ ̄\
            / _ノ  ヽ、_ \
.           | ( ●)(● ) |
.           |  (__人__)  │
           |   `⌒ ´   |   そういや、もうすぐおふくろの誕生日なんだよな
.           |           |    コンピューター買ってやりたいんだけど、何買ってやればいいんだ?
.           ヽ       /
             iヽ      / i
            |  ー-―'  _|
   ,,,,,,,....  _,,. -‐''"´  ゞ   `゛''‐- .,,_ __....,,,,,,,
 /   /""  ー‐---、  /ー‐---  "''ヽ   ~ヽ、
./ ヘ /  ソゞ       Y        ゝヘ  ヾ  ii
i ミ Y   〆ミ       ミ|彡       三ヽ  ソ /i
ヽ  人   入___      水         》  ノヽ/
 丶ヘー ヽ_三    __彡|ゞ,,__      /ゝ'   | |
|ヽ  ||    |ー―┬ーー''""''''''ー┬ー--‐/|   ヽ、 |
|   |   |ミ< ヽ、___::;;::_ ノ  彡 /     |/|

ラリー・やらない夫・フィリップスJrという男と。
彼らはパソコンと銃という共通の話題を持っていたことで急速に親しくなった。

573: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:15:49 ID:r2XS93y.0
    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
  |   (○ ) 彡  |    ,r'        \
.  |        入,__)  /_,ノ  ,,       ヽ,
  |.     ゙'ー'´  r  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i
.  |      ゙ヽ、__ノ  i.   ミミ( ○)    .|
   ヽ、       ノ\. \(_入_ノ      /
  /::ヽ、_   /ノ:::::|   ノ__,,/,____/
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|   ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|   |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::| .  |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|  . |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|

彼らの死後、カリフォルニア州警察の調べで、彼らは少なくとも計五回の銀行強盗と現金輸送車襲撃を行っていたことが判明した。

1993年7月20日コロラド州リトルトン 現金輸送車を強奪(122,500ドル?を強奪)
1995年6月14日カリフォルニア州ウィネトカ 現金輸送車を襲撃。警備員二名を銃撃し、一名死亡
1996年3月27日カリフォルニア州ウッドランドヒルズ 現金輸送車襲撃。二名負傷
1996年5月2日カリフォルニア州バンナイズ バンク・オブ・アメリカ ウッドマンアベニュー支店を襲撃 (755,048ドルを強奪)
1996年5月31日カリフォルニア州ウィネトカ バンク・オブ・アメリカ ロスコー大通りの支店を襲撃 (794,200ドルを強奪)。三名が負傷

そして、1997年2月28日カリフォルニア州ノースハリウッドにおいて、彼らは最後の犯行に及んだのであった。

574: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:18:38 ID:r2XS93y.0
短いですが投下終了です。
これで、「やるやらは銀行を襲うようです」外伝は完結しました。
ご声援くださった方々、本当にありがとうございました。

575: 24から短編祭りだお 2013/08/24(土) 01:24:11 ID:zC87sBTU0
乙です

それにしても凄い額だな・・・

576: 24から短編祭りだお 2013/08/24(土) 01:24:36 ID:N35iJETI0
乙でした。
「少なくとも」ってことは、ひょっとしたらそれ以外で何かある可能性もなくは
ないってことかあ……うーむ。

577: 24から短編祭りだお 2013/08/24(土) 01:25:10 ID:sy43O2ok0
乙です・・割と普通の連中が堕ちていったんですね
ドラッグ・薬物の摂取なんかはどうだったんでしょう?

579: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/08/24(土) 01:32:11 ID:r2XS93y.0
>>575
最終的には約160万ドルほどですが、もしかしたらこの他にも“収入”があったのかもしれません。

>>576
少なくともAK突撃銃を使用した強盗事件、という点ではこの五件だけのようです。
もしかしたら、細々とした犯罪にも手を出していたのかも。

>>577
ドラッグ等の記述は何処の参考文献にも記載はありませんでしたね。

578: 24から短編祭りだお 2013/08/24(土) 01:27:25 ID:4adp3vGQ0
乙でした
こんだけの強盗がよく成立するなアメリカ・・・

583: 24から短編祭りだお 2013/08/24(土) 01:48:01 ID:cjeS0F920
乙かれさまです

584: 24から短編祭りだお 2013/08/24(土) 02:03:08 ID:JCwmYuDI0
超待ってました
乙でした





現行作品目次

完結作品目次

転載元
やるやらは銀行を襲うようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1372169277/