71: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:13:33 ID:iyFkPj.20
                ,,'"""~~''''~"-,,,,,
                ""'  ''~'""
         |                  ;: ゙::´ ""`,
   ___|___|___         " ""' '''''
__|_________|`i
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:l
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|
| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i| ̄ ̄i||:\:|

現在、世界でも最大級の金融機関として知られているバンク・オブ・アメリカ。
1904年に創業した当時はバンク・オブ・イタリアと呼ばれていた。

72: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:15:37 ID:iyFkPj.20


      :/    _,. - 、\:    _:
     :/     / M ヽ_,. -‐''¨ ̄ ¨\:
    :/      |  _, -'´ _,. -――   |:
    :/       >‐´ _,-'´  _     ノ:
   :|      /  ∠ -‐''''彡≡ヽ  /:
   :|      / r≡ミヽ   リィ,.--、'´:
   :|     /  |リ ̄~''   'ィt或アチl__:
   :|    /  / リ, ---_,,  ` ‐''"´¨   \: マンマミーヤ
   :|    /__/ 、,ィ或tュ、  /        |__:
  :ノ   |    `ヽ 二ノ            |;;;;|:  
 :/    |- ,,__  __              /;;r'!:
 :!  __ |:::::::::::::|  |;;ヽ__lヽ、_    _,,/;;;;;|:
  :Y´  `'‐ ,:::::::::) └-i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:`¨'''¨´;;;;;;/ ̄|:
  :|  -‐-、   ̄    ヽ____/ ̄''''´  /:
  :|     ̄)          トェェェェェェイ   /:
  :\              |  `'''''''/  /:
    :\___,-、_        ヾ'zェェッ'  /:
          :`''――'''''-、_∪    /:
        イタリア系労働者の一例(M氏)

これは、カリフォルニアの労働者階級(特に、サンフランシスコ北海岸に多いイタリア系移民)のための銀行として設立されたためである。
彼らを顧客層として目をつけたのは、初代頭取にして創設者アマデオ・P・ジアニーニだった。
当時の移民労働者は、満足に英語の読み書きすらできない者が多かった上に、その当時のカリフォルニアの銀行が富裕層向けであった
こともあり、多くの一般労働者たちはもっぱらタンス預金をしていた。

73: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:19:46 ID:iyFkPj.20

                      /l
                   Ⅳヽ、  / !   ミヽ、 /、
                   l \´ー<ニスソミミミミミヾ、 !
.             ヽー'´{-‐'´ }   / lミミミミミミミV
.          __rt-′ ー ´ _ゝ  ゝフニ三三ミレミ、
.          \ ノ l  / ̄ ̄  __>-ン =ニ三ミ   lリ、
        _ゝ// ̄  ./ ̄ ̄: :l__r - 、 ( tァ、, _.>-ヽ、
          ヽ/ / ト-、` ー-、: : : : トl      ̄ ̄    -、 t
          レ′/三- 、_〈__>ヽ: :',ヽ、 ト、      _ノ
         /   V: : .:_ヽ、 /、 /_ ヘ ヽ、l>、__ /、  / >、
          l  /' ´〔_>__ヽ>L ゝ ヽ/ゝ、\Ll-‐′ ! ̄.ー┴‐ヽ
         ヽノl /:.:.:.:/ーヽ!- 、   〉 .人 __ /: : : :へスヽ′
           ∧ー./: : :__ ヽ   }: :.:.:ヽ ⌒l: : : : ヽL >、: : /  `′
     /l / : :ヽ!:.:.v′ヽ: >┴ < /-‐/:.:.: : : :.:l   ヽ{>
   、-┴-/: : : : : :l : : \__レ′ー- V__/: : : : : : く
     ヽ、」: : : : : :.:ヽ_/ヽへ、_ 二ニィ: : : : : : :.:.,.<ヽ
        /-、 - 、 -、 ̄       ヽ__: : {  l┘
        {___八_ _人 _ノ  

【アマデオ・ジアニーニ  1890~1949】

創設者、アマデオ・P・ジアニーニはイタリア・ジェノバの移民の子であった。
父親のルイージは、彼が6歳のころに当時雇っていた労働者との間で口論の末射殺されてしまった。
母親のバージニアは、残された農場を経営しながら、アマデオが12歳のころに再婚した。
その頃から、アマデオは継父の青果物卸の仕事を手伝い始める。
継父や彼の仕事仲間からずいぶんと可愛がられ、彼らが驚くほどのスピードで商売のイロハを覚えていった。
14歳のとき、彼は当時通っていた商業学校を退学して、青果物卸仲買人として本格的に仕事を始めた。
努力の末、19歳のときには継父の農場の共同経営者となり、1892年に地元の不動産業界の大物の娘と結婚した。
31歳のとき、義父の財産管理のため引退し、金融会社へ勤めるも退職。
その2年後、1904年8月にバンク・オブ・イタリーを立ち上げる。

74: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:20:57 ID:iyFkPj.20
           _|\ _
         / u 。 `ー、___ ヽ
        / ゚ 。 ⌒ 。 ゚ u  / つ
       /u ゚ (●) u ゚`ヽ。i  わ
       | 。 ゚,r -(、_, )(●) /  ぁぁ
     il  ! //「エェェ、 ) ゚ u/  あぁ
 ・ 。  || i rヽ ir- r 、//。゚/ i   ああ
  \. || l   ヽ`ニ' ィ―'  il | i  ぁあ
 ゚ヽ | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ダンッ
。 ゚ _(,,)  イタリア銀行   (,,)_ / ゚
 ・/ヽ|  低価格融資OK |て ─ ・。 :
/  .ノ|________.|(  \ ゚ 。
 ̄。゚ ⌒)/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ\  ̄ 。


バンク・オブ・イタリーが成長した理由は、彼が従来のやり方にとらわれずに様々な試みを行った点であると言える。
たとえば、当時の銀行業界では広告や宣伝は行ってはいけないという暗黙の決まりがあった。
だが、アマデオはこれを無視した。
彼はそれぞれの言語で書かれた宣伝用チラシを作り、それを配布して回ったのだ。
さらに、彼は労働者家庭を戸別訪問して顧客を確保していった。
英語の読み書きができない労働者たちのため、書類や入金伝票を書くのを手伝ったり、労働者たちにサービスが提供できるよう
日曜や仕事の終わる夕方にも営業を行っていた。

75: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:23:16 ID:iyFkPj.20

             ,/::::::::::::::::;:::::.::::::::::::::::::::::::::::::\
            ,イ:::::::::;::::;/;::::ハ:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           〃:::::::::::;^`,勿i:::::::!:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::ヾ:::::ゝ
         //::::::::::::ノ^`''"^|::::::iヘ:::::::}::::::::::::::、::::::::::ヘヽ::`、   ,―、.
      _,、≦イ::::::::::::::!!|   }:::::::| ゛:::::::i::::::::::::::l::::::::::::::ヽ::::::l   し  }}
      ̄゜` //::::::::::::::::::i   〃::::|_、ヽ:::Α::::::::::::l::::l::::::::::,へ.i!、    ||
        / i::::::::::::::::::N   ノ| l /  i ノ_ヽ;:::::::::l::::l::::\l ゛、    ノ'
       i  {::;:::::::::::::::::|_― ´||/  ィ%"rOミヾ、:::ハ:/l;;lヽNわ-⊥__,/´
       |  |::::::::::::,/|゙  ` イ   ゙゚ l;:鸞;} l:::|ヽ| l:| ルl  |
       ` l::::l:::::::::::::::|    /      `ー"  i}i ヾ/ス 'К /
         l::::ハ:::::::::::::| ,.z≡_     ∥/"ヾ |   .i!.`´/
         | / !ハ::::::::::::ヘ "="  ノ        '   |ヘイ,|、
         |"  l V::::;;:::ハ ,,、、  ゝ _.. ‐`、     /_⊇" L、
         リ  ∧ \\∧.//   `    ! ┌´ ̄ ̄   /"
            \ \ヾヘ          「ヾ     /
                  ゙ヽ.,       」λ、    /
                    />  ,__ ‐ ´ | |\  /
                   Γ_\  \ヽ ±/ ∨
                   |Γ\__ λ)/
                  | |  ノ
                  L/゜
            (イケメン銀行員アルマンド・ペドリーニ氏)

その他にも家計を牛耳る女性客を引き付けるため、イケメンのイタリア人を雇っていたという。
こうしたやり方は同業者たちからは軽蔑されたが、営業努力が実り、銀行設立からわずか4カ月後には総資産約29万ドル、預金高約11万ドルにまで成長した。

76: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:29:18 ID:iyFkPj.20
                     _|\,,,_
                  _/,-.    \l\
                 冫  {  :、-z-、,,|_ 」,_  キリッ
            ;-、   Z _人_) そ-、ヽz ┴-、
         ;- _ |  \__L,=´ ,>^´ ` ┴、ー^′丶 ヽ
         |   >!    ) ,′ /         ´        |
        r┴< _ヽ__/ /  {    ノ´|>、_     ,ノ
        入    i ,.- ´_/,ヽ、 \ ,ィ::|>‐r-ァ'´
     ,. -‐1 ヽ_,ノ ! / ;-、 `X≧、 `┴-'厶 ^´
     ` -、.|      |ム ,≠‐-、Y_ ヘ、  , _,,)
      , ┴''⌒ヽ  l'y_f .... -‐X.Y  ̄ ` ''i<L_

1906年4月18日サンフランシスコ周辺を襲った大地震により、街は崩壊。
充分な耐震強度を備えていなかったサンフランシスコ市内の建造物の多くが倒壊し、各銀行はいつ再開できるか目途すら立たぬ中
バンク・オブ・イタリーだけは、なんとその震災翌日に通常通りの営業を始めていた。
アマデオは、地震が発生した直後いち早く金庫室に飛び込んで、金庫に置いてあった全現金をゴミ運搬用の馬車で安全な郊外に避難させていたのだ。
さらに、バンク・オブ・イタリーは、崩壊した市街の再建ビジネスに融資を提供する最初の銀行になった。
また、生まれて間もないハリウッドに対し巨額の映画資金を貸出しを行い、ハリウッドの隆盛に貢献。
さらに時代は流れ、1949年にはジェネラル・エレクトリック社などと提携し、後のクレジットカードの元となる基礎技術を開発し
管理コストなどを安く抑え、さらなる経営拡大を行った結果、1970年代初頭には世界最大の銀行“バンク・オブ・アメリカ”となった。

77: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:31:07 ID:iyFkPj.20

    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
  |   (○ ) 彡  |    ,r'        \
.  |        入,__)  /_,ノ  ,,       ヽ,  
  |.     ゙'ー'´  r  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i  
.  |      ゙ヽ、__ノ  i.   ミミ( ○)    .| 
   ヽ、       ノ\. \(_入_ノ      /  
  /::ヽ、_   /ノ:::::|   ノ__,,/,____/   
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|   ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|   |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::| .  |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|  . |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|


世界一の銀行、ということは当然金がうなるほどある。
そんなバンク・オブ・アメリカが彼ら二人組の標的になったのは、当然の結果であると言えよう。
二人はこれまでにカリフォルニア州のバンク・オブ・アメリカの支店を2店舗は襲っており、少なくとも150万ドル
もの現金を強奪していた。

78: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:33:08 ID:iyFkPj.20

       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::;;;::;;::::::: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :: : : :
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;:;;;::::::::::::: ::::::::::::::::::::: :::::::::::::: ::: ::: :: :: : : :
       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;:;; :::::::: :::::: ::::: ::::: :::: ::: :: : : :  :: :: : : :
       ;;;;;;;;;;;;::;;;;:::::::: ::: :: ::: ::: ::: :: :: :: : : :     r;;"|\
       ;;;;;;;;;::;;;::::::: :::: ::: :: :: :::_,,_,,, -:''"|"'''ー : ,,,_  |:::::| .|
       ;;;:::;;;:::: ::::: ::: :: ._,, -'' | |;;:::::::::::::|   、    "'''ー:: ,,,|_      _,,.. -'''|\
       ::::::: :::: ::     |:::::::_ | |;;i-,::「: :|  |  「 f r    "'''ー :. ,,,_":::::::::: |  \
                 |::「::l :| |;;:::::::::::::|          _____::::::|':::'::::'::::| ' ; , \
         ,,, ,,,       |::::: :: | |;;:::::::::::::|            |_|__|::::::|;:::;:::;:::::| ; : : : : |
          ;;;;;;::;;;:.. .. ..... .. |::「::「:| |;;「::::「: :|  「 「 「 「   ||  | || :: :::|::::::::::::::|    _, ..|..............
          lll iii!:;: :: :: :: :::| ::::::: | |;;:::::::::::::|        __,, !!--'‐ '''''"" ゙""''''' ー'''"~: : :.: : :: : :.:
         ,,. ;:''':::::::::::.::::::::::゙::":::::‐-- ..,,,__ |__,,,.. --‐'''''"": : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : :

      【バンクオ・オブ・アメリカ ロサンゼルス,ノースハリウッド支店】 08:50:00


2月28日。
この日は金曜日だった。
金曜は労働者の給料支払い日であり、客たちは自分の口座に振り込まれた給料を下ろすために朝から並んでいた。

79: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:35:42 ID:iyFkPj.20

         ____
       /     \
      / ⌒   ⌒ \ 
    /   (●)  (●)  \
    |      __´___    . |
    \      `ー'´     /



           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{ ⌒  ⌒ ,リ| l │i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|   
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、 丶_ノ   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
        {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1



       /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|         警| .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ


そして銀行員たちも、この日は朝から少しあわただしかった。
給料支払い日ということは、銀行に現金が多く持ち込まれることを意味する。
つまり、強盗に狙われやすくなるということでもある。
特に朝方は多めに現金が用意されていることから、警備員も目を光らせていた。

80: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:36:26 ID:iyFkPj.20

         ____
       /     \
      / ⌒   ⌒ \   いいですか、やる実さん。復習です。金庫室のカギはだれが持っていますか?
    /   (●)  (●)  \
    |      __´___    . |
    \      `ー'´     /
  副支店長:フアン・できる夫・ヴィラグラナ


           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   えっと、副支店長と支店長の二人ですね
         〃 {_{ ⌒  ⌒ ,リ| l │i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|   
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、 丶_ノ   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
        {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
           銀行員:やる実


      /_ノ ' ヽ \       
     /( ≡)  (≡)\     大正解です!
   /:::::::⌒ __´___ ⌒:::::::\   ではご褒美に金庫室の商売道具を見てみましょうか
.   |     |r┬-|     |    
    \      `ー'´    .,/

81: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:39:03 ID:iyFkPj.20

エ エ|//l 77\ \夫l夫l夫l天l天天天天_天天天天|天|夫|夫|夫/ /77|//|エ エ
 エ .|//|'777\ \夫|天|天|_ィ≦ ̄Yi: ̄:iY. ̄≧、|天|天|夫 / /7777|//| エ           や   そ
エ エ|//l \7777\ \/´ヾ. マ 、 . | !  ,l l   / ,r'`iヽ、/ /777/|//|エ エ          っ    ん
 エ .|//lxxx\7777\ ,`「.!! ヘ__∨_.|_|_.|_l_/__/.   l「.! 、 /7777/Xx|//| エ           て   な
エ エ|//|'XXXx\_/´ | ||>'´             ` ''<|| |:'´.ヘ__/'XXX,|//|エ エ          き   わ
 エ .|//|XXXXxl工 {____ | ||                     || l___} 工!'XXXX,|//| エ           た   け
エ エ|//|XXXXx|エエ| | ||                     || | |エエ|XXXXx|//|エ エ          わ   で
 エ .|//|XXXXx|エエ| | ||                     || | |エエ|XXXXx|//| エ           け   金 
エ エ|//|XXXXx|エエ| | ||                     || | |エエ|XXXXx|//|エ エ          だ   庫
 エ .|//lx 、.λィ;|エエ| | ||                     || | |エエl;、λ.ィ x|//| エ               室
エ エ|//|x .)νノ;|エエ| | ||                     || | |エエl; )νノ.x|//|エ エ              に
 エ .|//|X,マY7x|エエ| | ||                     || | |エエ|xマY7'X|//| エ
エ エ|//lXX∨ x|エエ| | ||                     || | |エエ|'x∨XX|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| | ||                     || | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | ||                     || | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| | ||                     || | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | ||                     || | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| | ||                     || | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | ||                     || | |エエ|XXXXx|//|エ エ

82: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:39:29 ID:iyFkPj.20

        /.壱//万:/|
         |≡≡|__|≡≡|彡|____
.. / ̄//|≡≡|__|≡≡|/.壱//万:/|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/




        /.壱//万:/|
         |≡≡|__|≡≡|彡|____
.. / ̄//|≡≡|__|≡≡|/.壱//万:/|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|彡|
 |≡≡|__|≡|≡≡|__|≡≡|≡≡|__|≡≡|/



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ うひょー、眼福眼福!
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i| 一体いくらあるんですか?
         レ!小l( ≡) (≡)从 |、i|
          レ /// 、_,、_, /// |ノ /
             ヽ、       j //
            ヘ,、 __, イ/
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"

83: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:39:55 ID:iyFkPj.20

        ____
       /      \
     / ⌒    ⌒ \     だいたい、30万ドルほどですよ
    /   (●)  (<)  \
    |      ___'___     |
     \     ` n´   ,/
    /     | |    \
..         ノ .ュ
         { ..ニj
        . | "ツ



     , / '´ ̄ ̄` ー-、
   /   〃" `ヽ、 \ヽ   あれ、意外に少ないんですね?
  / /  ハ/     \ハヘヘ.
  |i │ l |リ ⌒   ⌒ }_}ハヽ
  |i| 从 ( ●) (●l小N
   (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ
   VV j .        ノ
    _'Y/゙ヽ、 _ , '
  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1

85: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:41:01 ID:iyFkPj.20


         ____
       /      \
      / ─    ─ \   あぁ、それはね、やる実さん
    /   (●)  (●)  \  強盗対策ですよ。こういうところにお金一杯あったら襲ってくださいって言ってるもんでしょ?
    |     ___'___      |  だから必要最低限のお金しか置かないんですよ。ATMは契約先の警備員しか開けられないしね
     \    `ー'´    ,/  それでも、今日は給料日なんで多いほうですよ
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   あ、そうそう。もし強盗に襲われたら抵抗せずにさくっとお渡ししておきなさい
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |   どうせ何かあっても保険でカバーしてくれるんですから
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




        ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/     \ハヘヘ
    |i │ l |リ  ノ ' ヽ }_}ハヽ  ・・・・・・・・・・・・
    |i|从o( ○) (○)o小N
     (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ
      V j    ⌒  Jノ
      /⌒ヽヘ,、 __, イィヽ
      / rー'ゝ::::::ヽノ::::::ヽ〆ヽ
    /,ノヾ ,>::::::::::ヽ:::::::::ヾ_ノ,|
    | ヽ〆::::::::::::::::::::::::::::::::`y|

86: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:43:22 ID:iyFkPj.20

          ____
         /     \
      /)  _,ノ  ⌒ \       (あれ、ちょっと引いてる?)
.   / .イ   (一)  (ー)   \
.   /,'才.ミ).     ´    ij  |     そ、そうだ。やる実さん、これ何かわかりますか?
   | ≧シ'     ⊂つ     /
 /\ ヽ           \


┌──────────────────────────────────┐
│┌───────────│         │  │  ───────────┐│
││ノ ̄|   _ T H E N O R T│         │ │  N U N I O N ノ ̄|  _  ││
││ ] |((  ))――――――│        │ │  ┬―――――] |((  ))││
││ ̄ ̄    ̄            │        │  │   i{            ̄ ̄   ::::::: ││
││ : :|i    i{{ N A U }}i     │        │  │    》  ┬ ┌ l l      i|:: ││
││ : :|i              │        │ │     }i :| ├ ト、| :   : i|: :││
││ : :|i     AD2190      │        │   │    i :| L l l :    : i|:::::││
││ : :|i              │        │   │   》               :: i|: :││
││ : :|i  L58675320 C    │        │  │   巛   L58675320 C  i|:  ││
││ ┃┏┓___ ┌==  │        │   │   ===┐___┃┏┓││
││ ┻┗┛: : : : : : : : ) T E │         │  │E D I T (: : : : : : : : : :┻┗┛::││
│└────────────────────────────────┘│

87: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:45:29 ID:iyFkPj.20

       -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    ./ /" `ヽ ヽ  \
   //, '/     ヽハ  、 ヽ   10ドルですね!
   〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
   レ!小l( ⑪) (⑪)从 |、i|
    レ⊂⊃ ァ¬vr ⊂⊃ |ノ /
    .ヽ、  'ー`   .j //
      ヘ,、 __, イ /


       ____
     /     \           残念、ほら、帯が二重です
   / _,ノ  ⌒ \         これは染料パック入りの爆弾(※1)です
  /   (●)  (●)   \        これを持って逃げようとすれば…BON!…となるわけです
 |     、 ´       |  (( ∩))
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
  /          \

88: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:47:25 ID:iyFkPj.20

         ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ    そうそう、以前別の支店にいた時、強盗にこの染料パック入りの紙幣を差し出したんですけど
/⌒)⌒)⌒) :::: ⌒ ___´___⌒:::\      /⌒)⌒)⌒) そのマヌケ、何を考えたのか、ズボンのポケットの中に入れたんですよ!
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //  で、銀行を出た瞬間、染料パックがBON!
| ::::::::::::(⌒)    | |  |  /     ゝ  ::::::::::/   まぁ、当分は子孫を残せないでしょうね、ザマァ(笑
|     .ノ      | |  |   \   /  )  /    
ヽ    /      `ー'´       ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l       バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、       ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  バ

89: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:47:57 ID:iyFkPj.20
                  /(_
                     (
      , / '´ ̄ ̄` ー-、       (
    /    〃"`ヽ、 \ヽ     ´ そ、そうなんですか・・・(汗
   /  /  ハ/    \ハヘヘ     (それ、そんなに面白いことですか!?)
   |i  │ l |リ | |ヽ.| | |ノ}_}ハヽ
   |i | 从| | | | | | | | |小N
    リ (|  ⊂⊃  、_,、,⊂ノ
     VV j . u  (_./ ,'
       _'Y|゙ヽ 、 _ /
    ,r<';::::::ヽ\/::::::-、
   /  }}:::::::::::∨y/::::::::、\
  く´  _,ソ:::::::::::ヽ'::::::::::::ヽ >
.   /`^7`、:::::::::::::::::::::::::|`^|


         ,___
       /     \  ケロッ まぁ、そんな使うことないですけどね。
      /  ⌒  ⌒ \    さて、そろそろ営業時間ですし出ますよ。
    /    (●)  (●) ヽ
    |       、__',_,    |   ハ、ハイ
    \            ,/




(※1)この染料パックの仕組みは各銀行ごとに違うらしく、いまだどういう仕組みによって作動するかは
バンク・オブ・アメリカ側が資料開示を拒否しているため不明である。
少なくともわかっていることは、銀行を出てから6フィート以内(約1メートル80センチ)で作動することだ。

91: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:49:18 ID:iyFkPj.20

                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj 今日はいつもより予約が少ないな…
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!  まぁ、たまにはこんな日があってもいいかな
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ        j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  丶,_ヽ/  ./ |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ --‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |
             ホルヘ・キョン・モンテス医師

銀行の向かいにある、ローレルキャニオン通りを挟んだ向かい側の歯科クリニックでは
歯科医のホルヘ・モンテス氏が診療の準備を開始していた。
彼は歯科医になって25年、ノースハリウッドに診療所を構えて17年のベテラン医師であった。

92: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:53:09 ID:iyFkPj.20
                                         ┌───┐、
 ̄ ̄ ̄|'''''―,,,,_                                |      |  \
======|'''''―,,,,_.|''''―,、                  | ̄ ̄ ̄| ,,‐'''| ̄ ̄ ̄|\
.ll ll ll ll |!l ll ll ll ii ii|. ,、,、| \                 ||~MG/||  |      |  \
======|'''''―,,,,_.|('lフ`|!!llii|         , ‐― 、     .|| ̄~ / .| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_\ |、
.ll ll ll ll |!l ll ll ll ii ii|,((())|゛ヾ|        .| /()().|     .|| /  .| |┌───┐| | |
======|'''''―,,,,_.|('jコ`|!!llii|     __,|   '..|       ,| |   ,/|..|゜人,,+ヽ.。|..|_| |
.ll ll ll ll |!l ll ll ll ii ii|(nn、|゛ヾ|    |  .|''⌒゛''|     .|| | ,//|..|(・ -・<ノゝ|..| | ヾ|
======|'''''―,,,,_.|つ ノ|!!llii|    「 ̄''''|::::::::::::|_       || |// .|└───┘|_| |
ゞ,;;ゞ ;; ll ll ll ll ii ii|と_ノ|゛ヾ|    l/ ̄|::::::::::::| ̄|'i  l~|| |/ ,;;ー''|+++++| | |
ゞゞ ;ヾゞ '''―,,,,_.|「愛 |!!llii|  .// ̄|::| ̄|::| ̄|'|~| ゞヾ; ゞ-''.,;;ー''|_____|_| ヾ|
;ゞ ゞヾ ;ゞゞ l ll ii ii|;;;;|ヽ|゛ヾ|/l//|iiii|::|2c|::|  |'| ,,ヾ;;ゞゞ ゞ .,;;ー''|;;G;;从∧_/| | |
,,ヾヾ ;;ゞヾ.二ニ二| ̄、 |!!llii|/l/  |iiii|::|..H|::|  |' ゞゞ ;;;ヾゞ; ゞ   |;;;; i'()(∀‘.:;;;|_| |
; ヾ ;;ゞ;ゞヾ |_|::::::::i|フ.'''.|゛ヾ| , ;;ゞヾ;ゞ |::|_|::| ゞ;; ゞゞ ゞヾ;;ゞ /|从)),、∩∩.:;;| | ヾ|
;ゞヾ ヾ ゞ . ;ア,,ミ《 ,|;;;;;、;;|!!llii| ヾ ゞ ゞヾ|::=-= ,,ゞ;;ヾゞ ゞ;ヾ ゞゞ、 /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_| |
ゞゞ ;ヾゞ .二ニ二| ̄~'l.゛ヾ| ゞゞ;;ヾ; ゞゞ === ゞゞ ゞ ;;ゞゞlilノ"/  |二二二二二| | |
;ゞゞ ;;ゞゞ.  ̄ ̄ ̄|___|!!llii| '',、,、iノ   ,、,、,、,、  ヾlil,'' ゛|i|'  ,,iil|| | ______________ |_| ヾ|
''|iil|iノ i~~~~~~~i  .|___|~'ヾ|  ( )   (jコ )、*)   ,、,、   |i|f!!;;''  |.l______________||
..|ii|i| |l~~~~~~l|  .|  ||~'ヽ|   ∧_∧(  )⊂)  ( ゚) ,、,、∧_∧ ||      || ,、,、
──-、 ================  ( ´Д` )uu uu   (  ) (  (   ,,)  ,、,、,、,、 ('jコ')
□ □ 'ー、――――――‐ ‐  (    )      uu   (    )  ミフ' (フ' ) < )
◎ー◎-''               | | |           γヽ ノ、  ミ,,,,(_)oメ,
                       (_人_)          し 'ヽ_)


だれもが今日も普段と変わらぬ、平凡な一日になると思っていた。
だが、その平凡な一日はもう間もなく、阿鼻叫喚,の地獄と化すのであった。


…続く

93: 羊羹が意見募集中、詳しくは一休で 2013/06/27(木) 22:54:13 ID:pCvcwcgY0
乙です

94: 羊羹が意見募集中、詳しくは一休で 2013/06/27(木) 22:55:24 ID:rcWxoSc60
行員は行員で、エグイ手口で人殺してるからなあ。
かわいそうな被害者、というだけではないんだよな。

乙でした。

95: 羊羹が意見募集中、詳しくは一休で 2013/06/27(木) 22:57:45 ID:dU4kF5rI0
乙でした
銀行側も怖いな、おい

90: 羊羹が意見募集中、詳しくは一休で 2013/06/27(木) 22:48:46 ID:3LqnlBu60
お札汚して使用不可にするのかな?>染料パック

96: NH ◆aYcZxkkPoM 2013/06/27(木) 22:58:37 ID:iyFkPj.20
投下終わります。

>>90
そうです。アメリカの場合だいたい10ドルか20ドル札の束に紛れ込んでいるそうです。
磁気か無線で作動して、明るい赤い染料をお金にぶちまけて永久にしようできなくしてしまうんだそうです。
更に念を入れて化学反応で高熱を起こして金に火をつけるという荒っぽい装置です。
ついでに、催涙ガスも出るそうです。

そして、この威力は作中でできる夫が話した通り、かなり強力です。
ちなみにできる夫の話していた元ネタは
ttp://10e.org/mt2/archives/200904/230229.php
これです。


NEXT⇒第4話



転載元
やるやらは銀行を襲うようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1372169277/